チェルノブイリに近いウクライナの上空に不気味なキノコ雲 人々パニックもその正体は…!?

この記事をシェアする
ウクライナ上空に不気味なキノコ雲 画像:@MNS.GOV.UA
ウクライナ上空に不気味なキノコ雲 画像:@MNS.GOV.UA

いまだ多くの人々の記憶に残っている、あの忌まわしいチェルノブイリ原発事故。そこから100キロメートルも離れていないウクライナの首都キエフで、このほどきのこ雲が目撃された。もちろん多くの市民を恐怖に陥れたが…。



原子炉のメルトダウンが大変な放射能漏れにつながった、世界最悪のケースといわれる1986年のチェルノブイリ原発事故。それを想像させるような巨大なキノコの形をした雲が、このほどキエフの上空を覆ってしまった。

「また新たな原発事故が起きたのではないか」「ロシアで核兵器実験か」「まさかのUFOか」と不安になる市民のために、キエフ市は早々とソーシャルメディアで「皆さん、どうかパニックにならないように」と呼びかけた。

巨大な丸い傘を持つこの雲の正体は、自然な気象現象のひとつである「かなとこ雲」とのこと。英語圏では「アンヴィル(Anvil)雲」と呼ばれているもので、珍しい現象ではあるが心配する必要はないという。

「かなとこ(金床)雲」は雷雨をもたらす積乱雲の一種。成層圏に達することで、てっぺんが平らになり、大きな盃(さかずき)のように見える状態のことをいうそうだ。



画像:@MNS.GOV.UA

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
英空軍X仏空軍がジョイント パリ上空で見事なアクロバット飛行<動画あり>
<元外資系CAその世界を語る>緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング
<元外資系CAその世界を語る>緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル
<元外資系CAその世界を語る>UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?
<米>NASA 宇宙飛行士たちに「UFO目撃を公表するな」