英空軍X仏空軍がジョイント パリ上空で見事なアクロバット飛行<動画あり>

この記事をシェアする
シャルル・ド・ゴール像の上空で見事な編隊飛行(画像はYouTubeのサムネイル)
シャルル・ド・ゴール像の上空で見事な編隊飛行(画像はYouTubeのサムネイル)

日本で先日、東京都民をおおいに沸かせた航空自衛隊の「ブルーインパルス」。アクロバット飛行のスピード感、飛行機雲が描く見事な絵、そして計算されつくした例えようのないスリルで、空自ファンが急増したとも言われている。こちらはヨーロッパの人々を魅了したアクロバットチームの話題だ。



仏・パリの上空で18日、見事なアクロバット飛行が展開され、人々を大興奮させた。参加したのはなんと18機。仏空軍のアクロバット飛行チームである「パトルイユ・ド・フランス」、そこに英空軍の「レッドアローズ」がジョイントした見事な飛行であった。レッドアローズの各機は、ロンドンの西にあるブライズ・ノートン空軍基地から飛び立ち、ジョイントしたという。

今年、あの忌まわしいナチス・ドイツの侵攻(1940年)から80周年を迎えたフランス。4年後のパリ解放を成功させた英雄は、自由フランス軍の指導者シャルル・ド・ゴール将軍だった。それを称えるシャンゼリゼ大通りのシャルル・ド・ゴール像の上空が、白・赤・青のトリコロールも美しいデルタ編隊飛行で飾られたことに、仏マクロン大統領も大満足だったようだ。

機体の数が増えれば増えるほど“危険さ”も増すが、さすがはヨーロッパのアクロバット飛行チーム「御三家」の2つだ。イタリアのフレッチェ・トリコローリと並び、彼らの技術と演技内容の美しさは世界最高峰だと評価されている。フランスのメディア『Le Parisien』がYouTubeに動画を上げているので、ご紹介してみたい。



画像および動画:Le Parisien『YouTube』Appel du 18 juin : la Patrouille de France et les Red Arrows de la RAF survolent Paris

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<元外資系CAその世界を語る>Vol.30 飛行機に乗ることが「どうしても怖い」という方へ
Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度
Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち
Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング
Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル