毒ヘビに噛まれた女性が猛反撃 その後の対応を中国国民が絶賛 

この記事をシェアする
(中年女性が強かった!)
(中年女性が強かった!)

中国で暮らす中年女性が、いきなり毒ヘビに噛まれ腰を抜かした。そのまま病院に駆け込むかと思いきや、女性は一瞬で気を取り直しヘビに反撃。その後の行動についても「満点だ」と海外メディアに絶賛されている。



中国江蘇省で暮らすある女性が、農作業の最中にいきなりヘビに指を噛まれた。ヘビに噛まれたという事実、そして激痛のせいで一瞬ひるんだものの、女性は鍬を手にし反撃を開始。「これは毒ヘビだ」と確信した女性は力任せにヘビを鍬で殴りつけ、その息の根を止めた。

「よし、死んだわ。」

そう確信するなり、女性は急いでひも状のものを用意。毒が全身に回るのを遅らせるため、噛まれた指をそれで縛った。

ここまでなら「どうにかできそう」という人も多いが、その後にこの女性は近くにあった袋にグロテスクなヘビの死骸をつめこんだ。それをしっかり持った女性は「準備完了よ」と病院に急ぎ、診察室に入るなり医師に「毒ヘビに噛まれました」「このヘビにやられたんです」と伝え、ヘビの死骸を見せたという。

そのおかげで、医師は「これは確かに毒ヘビだ」と即判断。スムーズに治療に取り掛かることができたため、深刻な事態には至らなかったという。

ヘビを殴り殺し、応急処置の後に死骸を持って病院に行ったこの女性。中国メディアは「ヘビに襲われたらこの女性のニュースを思い出して」と大々的に報じている。しかし実際に毒ヘビに噛まれ反撃できる人はそうはいない。医師に話を伺ったところ、「マムシなど毒ヘビだと分かっているのなら、とにかく病院に急ぎましょう」「応急処置をして、すぐに助けを呼んでほしいと思います」という回答があった。「ヘビを殺して実物を見せなくては!」と思う必要は必ずしもないといい、「危険なことは絶対にしないでください」とのことであった。
 


(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ロシアの看護師が透ける防護服で下着丸見え? 写真流出で物議
目の錯覚が不思議なスニーカー「桃+白」それとも「ミントグリーン+灰色」?
車を当てたゼイヴィア・チン容疑者が全裸で疾走、逮捕される珍騒動
だからメンヘラは恐ろしい… 「友人」に7歳の愛娘を殺された女性の苦悩
ジョニー・デップ DV被害を主張の憎き元妻アンバーにつき「アザはメイク」