解除前のイエローストーン国立公園に女が不正侵入 高温泉に転落もパークレンジャーおらず

この記事をシェアする
高温の温泉があちこちにあるイエローストーン国立公園(Photo by 朝比奈)
高温の温泉があちこちにあるイエローストーン国立公園(Photo by 朝比奈)

年間400万人もの観光客が訪れている、人気のイエローストーン国立公園(米国ワイオミング州ほか)。新型コロナウイルスの蔓延につき長いこと臨時休園が続いていたが、今月18日から段階的な営業再開となるという。それを聞いた一人の女が…。



ロックダウンにより3月24日から休園が続いていたイエローストーン国立公園が、いよいよ再開することになった。しかし、その日を待てず不正に侵入した女。彼女には恐ろしいバチが当たってしまったようだ。

イエローストーン国立公園の売り物である、オールド・フェイスフル・ガイザー(The Old Faithful Geyser)。観光客は、時おり天に向かって激しく吹き上げる泉を少し離れたところから眺め、ド迫力の音や水煙を堪能するのが普通だ。

そこで、身勝手にも侵入禁止エリアにぐいぐいと踏み込んだその女。目的は写真の撮影だったが、モンタナ州ミズーラのNBC 系メディア『KECI-TV』によれば、彼女は足元を滑らせて転げ落ち、高温の泉に体を浸けて大やけどを負ったという。

残念ながら「臨時休業中」につき、助けてくれるパークレンジャーはいない。彼女は自力で80キロメートルも車を運転し、ついにヘリコプターでアイダホ州東部の病院に搬送された。その後の容体などはまだ明らかにされていない。

オールド・フェイスフル・ガイザーと並び人気のファウンテン・ペイント・ポット(Fountain Paint Pot)。ここで観光客は細いボードウォークを歩きながら、点在する美しい青色をした最大90度もある高温泉を間近で見学する。

イエローストーン国立公園の90度のアルカリ温泉(Photo by 朝比奈)
90度もある高温の温泉(Photo by 朝比奈)

灰色の泥でできた地面のところどころに、コポコポと音を立てながら開く穴。蒸気が噴き出す様子はひたすら不気味だ。そして、美しい泉はまさに地獄の所有物。落ちた人の体はあっという間に溶けて無くなると言われている。



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「私は老人だ、代わりに死ぬ覚悟で救う」 フェリー船長が川に落ちた女性を救出 <ミャンマー>
ラミ・マレック、アカデミー賞授賞式の会場ステージから転落
豪人気DJアダムスキーさん事故死 友人を助けるためガラス扉を突き破り大量出血 バリ島
<動画>北米ツアー中のポーラ・アブドゥル(56)ステージ前方から観客席に転落
<米>“超危険”と見せかけた写真をインスタグラムに公開のカップル 大炎上で釈明