マドンナ 新型コロナウイルスで「一時体調不良だった」 <米>

この記事をシェアする
(新型コロナの抗体ありよ。)
(新型コロナの抗体ありよ。)

歌手マドンナ(61)が新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を受け、「陽性だった」と公表。ひどい症状はなかったとみられすでに回復しているというが、知らぬ間に多くの人に感染させてしまった可能性もありそうだ。



新型コロナウイルスへの感染歴が明らかになったものの、すでに回復していることからパーティーなどにも出かけてヒンシュクをかっているマドンナ。そのため「感染を拡大させないで」「自宅から出ないで」とファンからも批判の声が上がっていたのだが、体調を崩したのはすでに数ヶ月も前だという。マドンナは、SNSに以下のように書き込んでいる。

「今、私が(新型コロナで)体調を崩しているという事実はないわ。」
「抗体検査を受け陽性という結果が出たってことは、コロナに感染していたってことよ。それは明らかなのよ。だって7週間以上前のことだけど、パリでツアー終盤に体調が悪くなったんだもの。ショーに参加してくれた多くのアーティストたちも体調不良を訴えたわ。」
「私たちは、こう思ったわけ。ひどいインフルエンザにでもやられたのねって。今は全員元気よ、ありがたいことにね。」

抗体があることを知った今のマドンナは、すでに「怖いモノなし」といった様子。しかし実際には「抗体検査そのものが出回るようになって日が浅い」「抗体さえあれば絶対に再感染しないとは証明できていない」と主張する専門家もいると伝えられている。

ちなみにマドンナは、『Madame X Tour』を開催するも、昨年秋頃に「負傷した」としていくつかのショーをキャンセル。それでも多くのファンの前でこなしたショーもあり、コロナとは気づかぬまま多くの人に接触してしまったことは間違いない。専属シェフやトレーナー、スタッフも多くかかえるマドンナだけに、今後も油断することなく体調には十分に気を付けていただきたい。



画像:『Facebook』Madonna

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マドンナ60歳のお尻がキム・カーダシアン風に 巨大化手術説もあるが…
「マスクをつけると息苦しくて…」 穴をあけた女が話題に
マドンナ(61)、孫のような超年下男性(25)と熱愛か
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白
新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する