白限定なんてクソくらえ! 楽しい珍柄マスクでお互い笑うシンガポールの人々

この記事をシェアする
「お客さんに笑顔になってほしいんです」(画像はFacebookのスクリーンショット)
「お客さんに笑顔になってほしいんです」(画像はFacebookのスクリーンショット)

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の蔓延で、公共交通機関を利用する人たちの表情が、かつてないほど険しくなっている。「せめてお互い笑顔を忘れずに」とは、今はまったく無理なこと。しかし、笑うことで免疫力が高まるという。そこでシンガポールでは…。



シンガポールの路線バスで楽しい取り組みが始まった。バスに不安そうな表情で乗り込む人たちに「おはようございます!」と元気に挨拶するのは、茶目っ気たっぷりなマスクをした運転士。その話題は22日にFacebookで動画でシェアされ、いっきに拡散した。

大きな口から出っ歯が飛び出しているように見えるそのマスクに、乗客からは「朝から思わず吹き出してしまった」「久しぶりに笑った」という声が。運転士は乗客たちに、新型コロナウイルスもぶっ飛んでいくよう、その調子で1日を元気に明るく過ごしてほしいと心から願っているという。

信号待ちの間を狙って、運転士に北京語で「そのマスクいいですね。どこで買ったんですか?」と尋ねた1人の乗客。答えは「台湾ですよ」だった。「自分も買いたい」と言う乗客に、「いや薦めませんよ。結構みなさん怖がりますから」と運転士。しかし乗客は「じつに素晴らしいアイデアですよ。誰もがみな笑顔になるんですから」と称えている。

強い不安や緊張を感じるようになっている今の私たちの日常。自然に笑みがこぼるこのような話題、写真、動画、テレビ番組をじつは誰もが待っているのだ。



画像:『Facebook』Happy bus captain mask/All Singapore Stuff

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ゾンビと呼ばれた「偽アンジェリーナ・ジョリー」 刑務所で新型コロナ感染 <イラン>
肥満の重篤患者が多いアメリカで新型コロナ治療に危険な『クロロキン』 専門家も「正気か」
生後4日・新生児のコロナ死に胸を痛め タイの病院で新生児向けフェイスガード
新型コロナで失業した20代新米パパ ヤケクソで買った宝くじが3.3億円に 豪
新型コロナ治験薬で重い肝障害に 中国の医師2名が皮膚が真っ黒になった写真を公開