ニューヨークの動物園でトラが新型コロナウイルスに感染 

この記事をシェアする
トラが乾いた咳で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)と判明(画像はイメージです)
トラが乾いた咳で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)と判明(画像はイメージです)

米ニューヨーク市ブロンクス区にある人気の動物園で、トラが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染していることがわかった。ネコ科のほかの動物においても感染が確認された個体がいるという。



ニューヨーク市にある「ブロンクス動物園(Bronx Zoo)」でこのほど、メスのマレートラ“ナディア” (4歳)が新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示した。乾いた咳をしていたため検査してみてわかったとのこと。同園を運営する「WCS (Wildlife Conservation Society)」が飼育員から感染したとみられると発表し、波紋を広げている。

マレートラの別の1頭、アムールトラの2頭、ライオンの3頭も同じ症状を示し、食欲もなくなっているため新型コロナウイルスの感染が疑われるが、症状は全頭で軽いといい、いずれ完全に回復するとみられている。

ネコ科の動物はコロナに感染しやすいという中国の研究者がまとめた論文がますます現実味をおびてきた感じだが、同じ飼育員が世話をしていたにもかかわらず検査で陰性を示したトラもおり、チーターやユキヒョウにおいては何ら症状を呈していないという。



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナウイルス感染拡大で衝撃 アメリカでは24万人が死亡する可能性も
インド 双子の赤ちゃんが新型コロナにちなんで「COVID」「CORONA」と名付けられる
新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する <タイ>
空港検疫所がナイスアイデア! コロナ流行地からの渡航者の手に「自主隔離」スタンプ
「刺されるような激しい痛みも…」 コロナ感染の看護師が症状を告白