新型コロナ禍で荒れる人々 ツバのまき散らしやアジア人差別・暴行も <米>

この記事をシェアする
(スーパー店員に対し荒れ狂った女)
(スーパー店員に対し荒れ狂った女)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、世界中の人たちが不安な日々を過ごしている。そんな中、一部の人たちが暴走を開始。様々な嫌がらせ行為が欧米で大きな問題になっている。



この写真に写る女は、米国・カリフォルニア州にある人気スーパーに出没。欲しい物をカートに積み込みレジで支払いはしたものの「22ドル足りません」と言われて激高し、いきなり店員に向け咳をしツバをまき散らしたという。通報を受け駆け付けた警官隊がすぐに女の身柄を確保したというが、女が新型コロナウイルスに感染しているかどうかは分かっていない。

新型コロナウイルス感染を恐れる人たちにツバをまき散らす - このような悪質行為が連日のように伝えられている一方で、アジア人に対する差別や暴力行為も大きな問題になっている。アメリカ生まれのアジア系アメリカ人、新型コロナウイルスの発生地とはなんら関係ない人までヘイトクライムのターゲットになっているほか、SNSでは中国人の悪行に関し真偽の定かではない情報が続々とシェアされており、中国人はもちろんのこと日本人を含むアジア人全体が狙われている。

経験したことのない状況に不安を抱える今だからこそ、人間の本質が浮き彫りになっているようだ。ここぞとばかりに差別心をむき出しにする人たちは、あまりにも醜い。

ちなみにアメリカではさらに死者数が増加することは間違いないとみられ、人々が抱える不安と恐怖心は募る一方だ。ホワイトハウスは「今後しばらく厳しい状態が続く」との見解を国民に示しており、「アメリカ国内のコロナ感染による死者は最終的には計24万人に及ぶ可能性がある」と発表している



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する
新型コロナウイルス感染拡大で衝撃 アメリカでは24万人が死亡する可能性も
「刺されるような激しい痛みも…」 コロナ感染の看護師が症状を告白
トイレットペーパーをめぐり大喧嘩勃発 女がナイフを振り回し買い物客が大パニック
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白