新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する <タイ>

この記事をシェアする
(まさにツバを吐きかける寸前の男…)
(まさにツバを吐きかける寸前の男…)

新型コロナウイルスが、相変わらず世界中で猛威を振るっている。タイでも感染者数、死者数ともに増加しているが、ここにきて非常に不愉快な出来事があったことを世界中のメディアが伝えている。



つい先日のこと、バンコクの駅でチケットを買おうと待っていた男性に、明らかに体調が悪そうな男がよろよろと近づいた。まっすぐに立っていることも歩くことも困難な様子の男は杖を使い、ゆっくりと前方に移動。すぐ目の前にいた男性の顔に、いきなり咳をしツバを吐きかけるという嫌がらせ行為に走った。

その後、男は電車に乗り込みそのまま卒倒。電車内にあるトイレの前で死んでいたといい、遺体を回収し検査したところ、新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。監視カメラの映像にツバを吐く男の様子が残っていたこともあり、男についてはすぐに身元の特定に成功。年齢は56歳だといい、氏名も公表された。

当局は被害を受けた男性を特定すべく調査中だが、今のところどこで暮らす誰なのか、まったく分かっていない。「心当たりがある人は病院へ」という当局の呼びかけが、男性の耳に届いていることを願うばかりだ。

ちなみにこの駅では、電車に乗る前に体温チェックを受けることが義務付けられている。それに男はなんとパスし、そのまま乗車 - 車内ではひどく咳き込み嘔吐を繰り返していたというから恐ろしい。

あまりにもたちの悪いツバ吐き男に世界中の人々が怒りの声をあげており、「被害者、そして同じ電車に乗っていた人たちを一刻も早く特定してほしい」「死ぬのがイヤで他人を道連れにしようとしたのでは?」という声も多くあがっている。被害を受けた男性、そして同じ電車に偶然乗っていた人たちが知らない間に感染し、知らない間にウイルスをまき散らしていたとしたら…。死ぬ間際に超悪質な行為に走った男に、同情する声はない。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナウイルス感染拡大で衝撃 アメリカでは24万人が死亡する可能性も
「刺されるような激しい痛みも…」 コロナ感染の看護師が症状を告白
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白
28歳医師、自らも新型肺炎で死亡か 10日間不眠不休で患者の診察
「コロナ騒動で大儲けだ!」 消毒液を買い占めた悪徳転売ヤーが商売断念