NYのエンパイア・ステート・ビルディングはまるで赤色回転灯…? ラジオ局が市民を元気にする試み

この記事をシェアする
赤色回転灯のように見えるエンパイア・ステート・ビルディング(画像はInstagramのスクリーンショット)
赤色回転灯のように見えるエンパイア・ステート・ビルディング(画像はInstagramのスクリーンショット)

日本時間の4月2日午前9時半現在、83,889名の新型コロナウイルスの感染者と1,941名の死者が確認されている米ニューヨーク州。人口の多いニューヨーク市とその周辺が最も深刻だ。そんな中、一大ランドマークのエンパイア・ステート・ビルディングが…。



家に閉じこもり切りとなり、健康な人も気分の落ち込みや苛立ちが日に日に増幅していると伝えられているニューヨーク市。テレワークで仕事をした後は、自宅で楽しめるストレス解消方法を見つけることが誰にとっても大切だ。

そんな中、android、iPhoneで全米の1500を超すラジオステーションの番組が無料で聴けるラジオアプリの『iHeartRadio(ニューヨーク市で2008年4月開設)』が、エンパイア・ステート・ビルディングと見事なコラボを見せた。

題して『ESB x Alicia Keysエンパイア・ステート・オブ・マインド/ミュージック・トゥ・ライト・ショー』。それまでは、緊急事態を示す赤色回転灯のような真っ赤なライトアップがなされていた同ビルが、夜空に美しい7色の光を放ちながら歌手アリシア・キーズの『エンパイア・ステイト・オブ・マインド』を流したのだ。

アリシアのパンチの効いた歌唱力とJay-Zのラップ、そしてキャッチーなメロディで世界的大ヒットとなったこの曲はニューヨーカーたちの誇り。今こそ全員でこの苦難を乗り越えよう、高いスピリットを保ってほしいという強い願いが込められたこのライト・ショーに、人々は大きく感動したと伝えられている。



画像:『Instagram』empirestatebldg

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナウイルス感染拡大で衝撃 アメリカでは24万人が死亡する可能性も <米>
空港検疫所がナイスアイデア! コロナ流行地からの渡航者の手に「自主隔離」スタンプ
「刺されるような激しい痛みも…」 コロナ感染の看護師が症状を告白
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白
新型コロナウイルスが中国の刑務所でも猛威 500人超の囚人が感染