新型コロナウイルス感染拡大で衝撃 アメリカでは24万人が死亡する可能性も <米>

この記事をシェアする
(感染拡大が深刻なアメリカ…)
(感染拡大が深刻なアメリカ…)

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になり始めた頃、「そんなウイルス、いずれは消えるだろう」「ある日、そう、まるで奇跡のように消えちゃうさ」などと堂々と語っていた米大統領ドナルド・トランプ氏。しかしその後に感染は瞬く間に拡大。いよいよ恐ろしい数字をホワイトハウスが発表し、アメリカ全土が揺れている。



「このウイルスだけど、4月には気温も上がってなくなるんじゃないかな。」

そんな風に話していたトランプ大統領だが、その予想はまったく当たる気配がない。日に日に感染が拡大し、アメリカ国内の死者数は急増。ついには4,000人超が新型コロナウイルス感染により死去したと各メディアが大きく報じている。

収束までまだ長い時間を要するとみられているが、ホワイトハウスはこのほど「アメリカのコロナ感染による死者は最終的には計10万人から24万人に及ぶ可能性がある」と発表。感染者については今後さらに数百万人は増えるのではないかとの考えを示した。また解決法が見つからない場合、死者数は150万人から220万人に増える可能性もあるという。この予想に、多くのアメリカ人が衝撃を受けていることは言うまでもない。

楽観的な話をしてはアメリカ人を喜ばせていたトランプ大統領も、ついには「これから2週間は大変な思いをするだろう」「アメリカ国民の強さと忍耐力が試される」と発言。また先日は「不安な気持ちでいっぱいの国民にメッセージを」とリクエストしたリポーターにも激しく苛立ち、「お前は最低リポーターだ」などといきなり罵声を浴びせ国民と報道陣を驚かせたばかりだ。

「奇跡のように消えるさ」 - 多くのアメリカ国民はそんな気休めや適当な発言を求めていたわけではない。しかし支持者は「強い大統領だ」とトランプ氏を絶賛。うのみにした国民が気を緩めてしまったのだとしたら、大統領の責任は大きいと言える。

大勢の人が感染し、高齢者や基礎疾患のある人だけでなく若く健康な患者も増えている。不要不急の外出を避け感染を予防しながら生活する - そうしなければ、日本もとんでもなく悲惨な状態に陥りかねない。



画像:『Facebook』Donald J. Trump

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
空港検疫所がナイスアイデア! コロナ流行地からの渡航者の手に「自主隔離」スタンプ
「刺されるような激しい痛みも…」 コロナ感染の看護師が症状を告白
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白
新型コロナウイルスが中国の刑務所でも猛威 500人超の囚人が感染
医療関係者にも感染拡大 武漢では少なくとも500名がコロナウイルスに感染