スーパーのアイスを舐め棚に戻した男 釈明するも実刑判決を下される <米>

この記事をシェアする
(なぜかマグショットも笑顔。)
(なぜかマグショットも笑顔。)

「おもしろい動画を撮りたい」 - その一心で悪質行為に走ったお調子者が逮捕された。



米国・テキサス州で暮らすデイドリアン・アンダーソン(24)は、昨年8月に人気スーパーマーケットに出向いた。「目的は動画撮影だった」というこの男は、アイスクリームコーナーに行くなり商品を物色。好きなアイスクリームを見つけるとフリーザーから取り出し、いきなりフタをあけてベロリと舐めた。

その後にアイスクリームのフタをしめるなり、フリーザーに戻しニヤリ - その一部始終をおさめた動画を公開したところ「最低な奴がいる」と話題になり、捜査にあたった当局はアンダーソンを容疑者と特定し身柄を確保した。

アンダーソンの釈明は「実際には撮影後に再びフリーザーから取り出しお金を支払い持ち帰った」「舐めたアイスクリームを店に放置したわけではない」というもの。店側も「料金はもらった」と認めたもののフリーザーの冷凍商品は念のためすべて撤去し、廃棄せざるをえなかったという。

まるで笑えない動画撮影と公開で捕まったアンダーソンは、反省していないのか署で撮られたマグショットでもこの笑顔を見せた。この不届き者の裁判がこのほど開かれ、裁判所は「懲役30日間の実刑判決がふさわしい」と言い渡した。さらに罰金として1,000ドル、またアイスクリームをすべて廃棄し商品を入れ替えたアイスクリームメーカーへの賠償金1,565ドルの支払いも命じたとアメリカメディアは報じている。

当局はアンダーソンの行動につき「人々を不安にさせ、メーカーにも打撃を与えた」「許しがたい」と批判。店側も「このようなことをしに来る人は、見つけしだい通報し訴えます」とのコメントを発表している。

犯罪行為と笑えるジョークの違いが分からなかったとみられるアンダーソンだが、反省しているかどうかは不明だ。

(こんなバカなことをしたばかりに…。)
(こんなバカなことをしたばかりに…。)



1枚目の画像:Jefferson County Sheriff’s Office

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
身長195cmのトッテナムMFエリック・ダイアー 観客席の暴言男に詰め寄る<動画あり>
ビーガンYouTuber、魚料理を食べたとみられる動画流出で謝罪も批判の嵐
ジャスティン・ビーバー、15歳のYouTuberに「車、燃やしちまえ」とコメントし釈明
美人リポーターの尻を叩いたセクハラ男が逮捕される
悪質YouTuber、歯磨き粉を挟んだクッキーをホームレスに与え「歯にも良い」 最悪と叩かれ罰則も