トイレットペーパーをめぐり大喧嘩勃発 女がナイフを振り回し買い物客が大パニック <豪>

この記事をシェアする
【スーパーで騒動勃発。(画像はイメージです)】
【スーパーで騒動勃発。(画像はイメージです)】

連日「新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大中」と報じられる中、「今のうちに…」と食料やマスク、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどを大量に買い占める人が続出している。「2週間程度であれば外出しなくてもしのげるよう缶詰などを買い備えましょう」と伝えている海外メディアもあるが、今複数の国で問題になっているのがトイレットペーパーの買い占め問題だ。



実際にはふつうの量が各家庭にいきわたるほど十分にあるという、トイレットペーパー。それでも新型コロナウイルスの感染拡大で人々はパニックに陥り、日本だけでなく多くの国々で買い占め行為が問題視されている。

そんな中、オーストラリアのスーパーで大喧嘩が勃発。原因はトイレットペーパーをめぐる争いで、男一名、女一名が「先に買おうとしていたのは俺」「いや私よ」ともめ激しい口論を始めたという。多くの客が騒動に驚き周辺に集まったというが、うち女は所持していたナイフを取り出し暴れたとのこと。これには多くの客がおびえ、パニックに陥り大慌てで逃げ出したという。

結局は警官隊も現場に急行。ナイフを振り回した女を見つけ事情を聴いたというが、その後女が起訴されたかなど、詳細は伏せられている。幸いにもけが人は出ていない。

ちなみにオーストラリアの店では「品薄だが店内に在庫はある」というところが多いようで、商品の奪い合いやトラブルを回避するため、あらかじめ購入可能な数を決めている店も多いという。

日本国内の多くの店でもトイレットペーパーが品薄、もしくは売り切れ状態が続いているが、実際には供給力、在庫ともに十分あるという。買い占め行為、また公衆トイレにあるトイレットペーパー盗難も後を絶たず、本当にトイレットペーパーがなく困っている人も出ているもようだ。

多くの人たちが新型コロナウイルスの感染拡大により心配な日々を過ごしているが、ここはまず冷静になって「必要な量を買う」という購買活動に徹したい。また手作りマスクも話題になっているが、作る場合に使えるのは滅菌ガーゼだけではない。購入が叶わないにも関わらず外出する必要がある場合、洗っていない手で口や鼻などを触らない、しっかりと手洗いするといった感染予防を徹底したい。



動画:5-Minute Crafts『YouTube』25 SMART EMERGENCY LIFE HACKS

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナウイルス感染拡大を悪用 リサイクル工場が使用済みマスクを新品として売却
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白
新型コロナウイルスが中国の刑務所でも猛威 500人超の囚人が感染
28歳医師、自らも新型肺炎で死亡か 10日間不眠不休で患者の診察
医療関係者にも感染拡大 武漢では少なくとも500名がコロナウイルスに感染