新型コロナウイルスが中国の刑務所でも猛威 500人超の囚人が感染 <中国>

この記事をシェアする
【中国の刑務所で数百名に感染…(画像はイメージです)】
【中国の刑務所で数百名に感染…(画像はイメージです)】

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が連日報道されるなか、中国国内の刑務所にていつの間にか数百人もの囚人や職員が感染していたことが明らかになった。



中国国内にある複数の刑務所で、コロナウイルスの感染が一気に拡大。少なくとも500名以上の囚人がウイルスに感染していることが分かった。

武漢市がある湖北省の刑務所だけでも271人の感染が確認され、「とりわけ感染者が多かったのが武漢市にある女性刑務所だと判明した」と政府も正式に発表している。感染拡大を防げなかった刑務所長は責任を問われ、解雇処分に。また山東省にある刑務所では7名の看守、そして200名の囚人の感染が確認され、7名の職員が同じ理由で職を失った。

また警官として働く人物が武漢市訪問を隠し、そのまま刑務所での勤務を続行。「その結果多くの囚人にコロナウイルスを感染させた」という報道も浮上している。

患者を救おうと寝るまも惜しみ働く医療関係者たちも、次々とウイルスに感染しているという。そんな中ウイルス研究を進める科学者や医療関係者が今後の予想を発表しているが内容は様々で、「年内に有効なワクチンを開発し十分な量を作るのは無理かもしれない」「ワクチン開発まで数年を要するのではないか」「いや、4月には収束か?」といった意見があるようだ。

とにかく今は感染予防に努め、石鹸やアルコール消毒液などを用い手洗いを必ず行う、持病がある人の場合は特に公共交通機関や人混みを避ける、人が多い場所に行く際にはマスクをつけるといったことが大事だという。感染力は、かなり強いとされるこのウイルス - 刑務所、病院、学校といった施設での対策強化、また1日も早い収束を願うばかりだ。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
28歳医師、自らも新型肺炎で死亡か 10日間不眠不休で患者の診察
新型コロナウイルス「死のリスク」は誰にも? 既往歴のない36歳男性患者の死で
「ニンニクで新型肺炎予防」はデマ 世界保健機関(WHO)がツイッターで回答
エレベーターのボタンに唾液をべったり… 悪質行為でパニックを巻き起こした男が逮捕される
医療関係者にも感染拡大 武漢では少なくとも500名がコロナウイルスに感染