韓国に美容整形旅行! 脂肪吸引手術を受けた女性が死亡

この記事をシェアする
【手術中にアクシデント。(画像はイメージです)】
【手術中にアクシデント。(画像はイメージです)】

世界でも有名な“美容整形大国”韓国を、日本を含む多くの国から人々が続々と訪問。滞在中の目的が「ずばり美容整形手術を受けること」という人もますます増えているといい、ビフォー・アフターが違いすぎて衝撃を受ける人も多いという。中にはびっくりするほどの効果や変化を実感する人、オペのミスに困惑し激しく後悔する人など様々だが、このたび起きた事故は「きれいになって帰国する」と張り切っていた30代女性が死亡するという最悪のケースになってしまった。



香港出身のある女性(35)が、韓国・ソウルにある美容外科を訪問。そこで脂肪を吸引してもらいスッキリとしたボディを手に入れようと張り切っていたというが、女性は術中に昏睡状態に陥った。すぐさま一般の病院に搬送された女性を救おうと医師団が尽力したが、それでも女性の状態は回復せず、そのまま絶命した。

このケースを受け、現地当局は原因究明を目指し奔走中だ。今も死因は明らかになっていないというが、近く検死を行い何が女性を死に至らしめたのかを詳しく調査する予定だという。

ちなみに脂肪吸引の手術については比較的リスクは低いというが、麻酔を過剰に投与された患者の呼吸が停止するケース、また心臓に異常をきたすケースはありうるという。またアレルギー反応が死を招くケースもあるというから、安易な気持ちで受けるべきものでもないという。

とりわけ海外で手術を受ける際に問題になるのが現地の美容整形医とのコミュニケーションだといい、ある専門家は「これから手術をぜひ」とそれでも考えている人たちに向け、「術前にしっかりと医師と意思の疎通ができること」「これが大事なことです」と話している。それぞれの手術のリスクにつき調べ、失敗例が過去に報じられていないか、報じられたとしたらどのようなケースで何が原因であったか、オペが失敗した場合はどう対処してくれるのか、帰国後に支障が出た場合はどうすべきか、術前・術後を比較する写真を多数提示してくれるかなど、チェックすべき点は多いという。

多少の失敗であれば手直しも可能だろうが、死んでしまってはどうしようもない。軽い気持ちで海外に行き「プチ整形してくる」「痩せてくる」と考える人が増えているというが、海外だからこそ高まるリスクもある。今回死亡した女性がどれだけ担当スタッフと密に意思疎通できていたのかは、わかっていない。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
ヘリ墜落・炎上で死亡したコービー・ブライアントさん 心に残る名言が話題に
歌手サム・スミス「12歳で脂肪吸引手術を受けました」「男でも女でもないの」
『ミッション:インポッシブル』シリーズ俳優が驚異の激ヤセ
マドンナ60歳のお尻がキム・カーダシアン風に 巨大化手術説もあるが…