思わず目が点に… 世界でいま話題沸騰の奇妙なマグショット!

この記事をシェアする
首が長すぎて…(画像は警察発表のマグショット)
首が長すぎて…(画像は警察発表のマグショット)

欧米の人々は地元警察が発表するマグショットの監察に真剣だ。特に子育て世代などは、自分の暮らす地域にどのような罪を犯した者がいるのか、できるだけ正確な情報を知りたいと考えている。そんな中、イギリスのある警察が発表した1枚のマグショットが、ひょんな理由から大変な注目を集めているようだ。



問題のマグショットは、英ノース・イースト・リンカンシャーのグリムズビー警察を管轄するハンバーサイド警察が公式HPで公開したもので、男は麻薬常習者で23歳のハリソン・デイヴィス。2016年11月から2年にわたり祖母(78歳)の財産から計24,000英ポンド(日本円にして約343万円)を騙し取っていたといい、このほど裁判で懲役2年の実刑判決が下り、刑務所へと送られた。

デイヴィスは祖母の名義で銀行口座を開設。ローンを組んで返済は祖母の本物の口座から引き落としになるよう仕組んでいたが、さらに1,000ポンド(約14万円)のローンを組もうとしたところで成りすましに気付かれ、御用となっていた。

そして公開されたマグショットのデイヴィスの長い首に世間はビックリ。FacebookやTwitterでもこの話題は拡散中だが、「これじゃまるでキリンだ」「これぞリアルETだ」などと、それらの写真とデイヴィスのマグショットを並べる人も多いようだ。

首のこの入れ墨にも極端ななで肩にも注目して笑いものにする人々。やはり罪など犯さないに限るようだ。1歳からデイヴィスの面倒を見ていた祖母は、孫の裏切りにひどいショックを受けて寝込んでしまった。なんという不幸者だろう。



画像:『Humberside Police 』Fraudster jailed Station

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】

駐車場でとんでもない行動に… 全く同情されない非常識な犯罪とマグショットが話題に <米>
母親が2歳のわが子を拷問殺人 かみつき殴りつける狂気に震撼
愛犬・愛猫の毛でマフラー、アクセサリーを! 毛を紡ぐビジネスが絶好調
美人英国人モデルがインスタ映えスポットを訪問 崖から滑落死
ジェイデン・スミス 男性ラッパーとの交際宣言に続き女性と海外バケーション