ハーモニカが口の中にすっぽり 出せなくなった女子高生が搬送される <カナダ>

この記事をシェアする
(こんなことになり焦った少女)
(こんなことになり焦った少女)

目立ちたい。そして多くのリアクションを得たい。そんな気持ちから様々な動画を撮影し、世間に公開する人たちがいる。カナダで暮らすこちらの女子高生も、ウケ狙いで“あること”をしたがために、大変な目にあった。



こちらの女性は、カナダ・オンタリオ在住の女子高生モリーさん。先日はショートビデオのプラットフォーム「TikTok」に動画をアップし、自身に起きた驚くような出来事を明かした。

この日モリーさんは、まだ幼いイトコを笑わせようとしてハーモニカを口の中に。喜ぶイトコの様子を見て大変嬉しかったというが、大きいハーモニカを無理やり口の中に入れたために、今度はどうしても取り出すことができなくなってしまったという。

自分でも「よくあんなに大きなものが口の中に入ったものです」というモリーさん。しかしこの事態に陥ったときはパニックになり、当然息も荒くなった。しかも息をするたびハーモニカが音を立てるほどだったといい、その様子を見たモリーさんの母親は怒るどころか「こんな変な子にわが子が育つとは…」としばしあきれ返っていたという。だが家族もハーモニカを出せずに苦しむモリーさんを心配し、その後にモリーさんを歯科に搬送。診察にあたった歯科医は「口より大きいハーモニカを無理に引っ張り出すことは不可能だ」と判断し、口を開けたままの状態に保つ機械を用いて処置を開始。どうにかハーモニカを引き出したあと、「二度とこのようなことはしないでください」とモリーさんに苦言を呈したという。

この動画はおおいに話題になり、視聴回数は一気に170万回を超えたとのこと。今回については「ハーモニカを口につめた女子高生の珍事」ですんだからよかったものの、過去には食べ物などを口につめて亡くなってしまった人も実際にいる。このようなことをウケ狙いでする若者が増えないこと、またこれが危険な行為であることを視聴者もモリーさん本人もしっかりと理解していることを願うばかりだ。



画像:mollieobrien/TikTok

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
母親が2歳のわが子を拷問殺人 かみつき殴りつける狂気に震撼
HIVを故意にうつした男が有罪を認める 50人以上と無防備な行為も?
新型コロナウイルス「死のリスク」は誰にも? 既往歴のない36歳男性患者の死で
エイズの医師、437人の子ども達をHIVに感染させた容疑で逮捕
葬儀参列者が大爆笑 亡くなった男性の声が響き「ここから出してー!」