第62回グラミー賞授賞式のBTS、カミラ・カベロ、クリス・ブラウン…気になったセレブをピックアップ!

この記事をシェアする
カミラよりもイケメンパパに目がいっちゃう!

1月26日、ロサンゼルスのステイプルズ・センターにて『第62回グラミー賞授賞式』が開催され、今年も華やかなゲストが授賞式を盛り上げた。だがその日の朝、NBA界のレジェンド、コービー・ブライアント選手がヘリコプターの墜落事故で亡くなったこともあり、多くのセレブが悲しすぎるそのニュースにショックを隠せないまま授賞式へ臨んだ。皮肉なことに会場のステイプルズ・センターはコービーが活躍した「ロサンゼルス・レイカーズ」の本拠地でもあり、そこでセレブたちは彼を応援し、レイカーズの勝利に大興奮していた。そうしたこともあって会場の雰囲気はなおさら重く、それぞれが悲しみと複雑な思いを胸にコービーの死に哀悼の意を捧げていたようだ。



今回は、そんな授賞式のなかで気になったゲストをピックアップしてみた。

■BTS

アジアを代表する大スター、BTS

アジアの誇りといっても過言ではない、韓国グループのBTS。世界のセレブにもファンが多く、パフォーマンスの実力もこの通り。レッドカーペットではまるでみんな貴公子のよう。

■カミラ・カベロ
冒頭の写真でカミラと一緒に歩いているのは、お父さんのアレハンドロさんだ。この父にしてこの娘あり!レベルのイケメンパパで、「パパ若い!」「お父さんめちゃくちゃイケメン!」と言った声で溢れている。パフォーマンスではそんなイメケンパパを最前列に座らせたカミラは、アレハンドロさんに贈った曲『First Man』をしっとりと歌いあげた。誇らしい娘の姿にアレハンドロさんも涙を堪えきれず、最後は強いハグ。胸が熱くなるそんな二人の光景は会場を大きな感動で包んだ。

View this post on Instagram

#firstman ❤️ a year ago last October I was in Nashville while on tour and I wanted to get in the studio and write because I hadn’t had the chance for quite a while.. i came in with a bunch of ideas but suddenly I just started thinking about my dad and missing him and thinking about how much he means to me. I had to go to the bathroom and just sob every 10 minutes writing this song, I could barely get through it and I almost didn’t tonight.. thank you to my dad for showing me what it is to love someone selflessly , for making me always laugh when I cry, for being my constant safety and arms to fall into. ❤️ I dedicate this to all dads out there – the ones that are with us and the ones that aren’t anymore but that we will always have in our hearts ♥️

A post shared by camila (@camila_cabello) on

■クリス・ブラウン

クリス、デレっとしすぎ!

こちらの親子も忘れてはならない。「こんなデレっとした表情見たことない」と世間を驚かせたのは、かつてヒップホップ界きってのワルだったクリス・ブラウンだ。愛娘ロイヤルティちゃんを伴い会場入りしたクリスは、自慢の娘の美しい笑顔がそのレッドカーペットから世界に向けて発信されるとあって、かなりご満悦な様子だ。

■ショーン・コムズ(Diddy)

みんな元気そうで何よりです。

2018年11月にショーンの元恋人で子供たちの母親であるキム・ポーターが自宅で亡くなっているのが発見され、強い悲しみに打ちひしがれていたショーンのファミリー。ショーンはたびたび「寂しくて仕方ない」と周囲に打ち明けており、子供たちもまだ母親が必要な年齢であるだけに一家を心配する声が多かった。最愛のお母さんの死から立ち直るには相当な時間が必要だが、今回の授賞式には家族揃って登場。笑顔と元気そうな姿が周囲を安心させた。

■ビリー・アイリッシュ

5冠達成、おめでとう!

くしゃっとした可愛い笑顔で写真に収まるビリー・アイリッシュ。弱冠18歳にして史上最年少で5冠を達成した。不気味で今までにない不安なリズムや音程の楽曲が世界中で受け、一躍大スターにのし上がった。だが本人はうつや自殺願望があることをカミングアウトしている。それだけに聴いていて妙に不安になってしまうのは筆者だけだろうか…。



世界のスポーツファンが愛したNBA界の元スーパースターを事故で突然亡くした同日に、皮肉にも彼が活躍した場で開催された今回のグラミー賞授賞式。個人的に親交があったと涙を流してしまうセレブも多かった。そんな中でもゲストのセレブ達にできることはいつも通りに振る舞い、最高のショーになるよう人々の気持ちを盛り上げることだった。コービーが残した遺族を何とか元気づけたい、そんな気持ちもあったことだろう。

セレブたちが「コービー愛してる。私はあなたのことを決して忘れない。安らかに眠ってください」といった言葉を口にするたびに胸がいっぱいになる私たち。アリシア・キーズとボーイズⅡメンのトリビュートも素晴らしいものだった。音楽界の授賞式でありながら、コービー・ブライアントという男がジャンルを超え世界の誰からも愛される真のスーパースターであったことを強く実感する、そんな1日となった。
画像:
instagram』recordingacademy
instagram』billieeilish

動画:『instagram』camila_cabello

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ヘリ墜落・炎上で死亡したコービー・ブライアントさん 心に残る名言が話題に <米>
<動画>クリス・ブラウン愛娘、わずか5歳にしてこのダンス・スキル!
ワルだったクリス・ブラウンを完全に変えた愛娘 ハンパなく可愛い!
“Diddy”ことショーン・コムズと3人の子をなした元恋人が急逝 「寂しくてたまらない」とショーン
ハッピーバースデー! テイラー・スウィフトの誕生日会に豪華ゲスト続々と