ヘリ墜落・炎上で死亡したコービー・ブライアントさん 心に残る名言が話題に <米>

この記事をシェアする
(コービーさんが教えてくれたこと…)
(コービーさんが教えてくれたこと…)

NBAの元スーパースターとして知られ、世界中のファンを素晴らしいプレーで酔わせたコービー・ブライアントさん。そのコービーさんが26日にヘリコプターの墜落・炎上事故により死去。愛娘のひとりも亡くなるという悲しい事故死のニュースに、多くの人々がショックを受けている。



そのコービーさんが、大勢の人々に尊敬され慕われたのは、優れた選手だったからだけではない。彼が生前語った言葉を、いくつかご紹介したい。

■ “正しい”選択をすること
「もし立派な功績を残したいのであれば、こう思い出して。誰にだって、専門分野を極めることは可能なんだ。でもそうするために、僕たちはある選択に迫られることがある。何かを極めるために、とても大事なことを犠牲にしなくちゃならないことがあるんだ。家族との時間、友達と遊ぶ時間、友達を大事にしてあげること、良き息子や甥っ子であること…そういうことも含めて諦めなくちゃならないこともある。でも僕たちは何かを極めるため、時にはそういう選択もしなくちゃならないんだ。」

決して甘くはないプロの世界でコービーさんは成功したが、家族のため、チームのため、そして自分のためにも仕事に追われたびたび罪悪感に苦しみ、難しい選択を迫られることも多かった。しかし今回起きた痛ましい事故で一緒に亡くなった娘は父に憧れ、いつかは自分も選手として活躍したいという希望にあふれていたという。家族はコービーさんが働く姿を、しっかり見て感謝し、尊敬していた。

■ 親や指導者として忘れてはならないこと
「僕たちは大人として、子供たちの様子をじっくりと見てあげなくちゃ。しっかりと様子を見て、必要に応じ導いてあげなきゃね。でも若い運動選手の親、そしてコーチとして、僕たちがしてはいけないことがある。それは、簡単に答えを与えてあげること。いつも『ああしてごらん』『こうしてごらん』なんて教えてあげていたら、子供たちは自分たちで問題を解決する能力を伸ばせなくなってしまう。子供たちには(問題を解決するための)ヒントをあげてほしい。それをもとに問題を解決できる子になれるといいね。」

スーパースターと呼ばれたコービーさんの生きざまを、スポーツ選手らは賞賛。「彼の素晴らしい点は、決して優れたプレーと運動能力だけではなかった」という声が各界から噴出している。享年41歳。あまりにも早い死だった。

※ こちらもどうぞ! ⇒ 「人生はすごく短い。だから…」故コービー・ブライアントさんが若者に残した大切な言葉…



画像:『Facebook』Kobe Bryant

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
闘病の末に5歳で亡くなった男の子 死去前に「ママ、ごめんね」
プロレスでも活躍したアシュリー・マッサーロが死去 39歳
『スター・ウォーズ』シリーズでチューバッカを演じた俳優が死去
死去した『ビバヒル』ディランことルーク・ペリー 夏に再婚予定だった
『大草原の小さな家』“オルソン夫人”キャサリン・マグレガーが93歳で死去 “ローラ”も追悼