駐車場でとんでもない行動に… 全く同情されない非常識な犯罪とマグショットが話題に <米>

この記事をシェアする
(連続脱糞魔、捕まって涙。)
(連続脱糞魔、捕まって涙。)

アメリカに、「連続殺人鬼」ならぬ「連続脱糞魔」として話題を集めている最悪な犯罪者がいる。この恥さらしが犯した罪とは、どのようなものなのか。



米国・マサチューセッツ州で暮らすアンドレア・グローサー(51)なる女が、ある奇行を繰り返していたことがばれた末に逮捕された。身柄を確保されたのは、とある店の駐車場で脱糞を繰り返していたからだ。その回数は、わかっているだけでもなんと8回。1ヶ月のあいだにそのような不潔な行為を続け、ばれた末に逮捕されて撮られたマグショットがこちらである。

この臭い事件につき当局が(おそらくはしぶしぶ)捜査を開始したのは、先月のこと。店のスタッフは最初のうち「動物の排泄物ではないか」と考えていたというが、動物が使用するはずもないトイレットペーパーなどが周辺に散らばっていたことから「これは人間の仕業に違いない」と確信するようになったという。

仕方なく張り込み調査を始めた警官らは、先日午前7時頃に車のそばで脱糞している女を発見! 明らかに何をしているかわかっていたであろうに一応「何をやっている!」と詰問したというが、女は慌てた様子で「仕事に行く途中なんです」「でも私、過敏性腸症候群なんです」などと釈明したという。

しかし張り込みにあたった警官によると、女は近くを車や電車が通っていないかしっかりと確認したうえで、脱糞に及んでいたとのこと。「いきなり我慢ができなくなってその場で仕方なく…」という様子とは程遠かったという。

ようやく犯人が逮捕されたことを店のオーナーはとても喜び、「そりゃ嬉しいですよ、犯人とは知り合いでもなんでもありません」「ずっとこんなことを続けられて困っていたんです」「朝、いきなりあんなモノを見てしまう不快感ときたら…」と今の胸中をアメリカメディアに語っている。また女の担当弁護士は女につき「地域社会の中心人物で、フルタイムの仕事もしている人です」とコメント。社会の中心人物であろうが仕事をしていようが、外で脱糞しトイレットペーパーを放置する人間がまともなわけがない。女は3月2日に出廷予定で、そこで恥ずかしく臭い犯行につき話すことになっている。この女に同情する声は、ない。



画像:Natick Police Department

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
韓国初の「トランスジェンダー兵士」誕生ならず 強い希望も入隊を拒否される
ヘンリー王子 主要王室メンバーからの引退意向につき「こうするしかなかった」
母親が2歳のわが子を拷問殺人 かみつき殴りつける狂気に震撼
愛犬・愛猫の毛でマフラー、アクセサリーを! 毛を紡ぐビジネスが絶好調
美人英国人モデルがインスタ映えスポットを訪問 崖から滑落死