15歳なのに老婆のような「早期老化症」 美容整形手術でやっと美少女に

この記事をシェアする
こんなにも辛い早期老化症
こんなにも辛い早期老化症

きわめて稀な遺伝的疾患「早期老化症(早老症)」を持って生まれ、15歳だというのにシワシワのおばあさんにしか見えなかったこの女性。しかし美容整形外科の技術は日進月歩だ。彼女はある医師の執刀のもと、ついに15歳少女らしい美しい、初々しい顔立ちを手に入れた。



日本でも国が難病に指定している「早期老化症」。これは体の老化の徴候が実年齢よりもぐんと早く起こるもので、外見ばかりか内臓においても老化と同様の問題が現れてくるというから大変恐ろしい疾患だ。

殆どの患者で若年のうちから白髪、脱毛、声がれ、皮膚の萎縮、シワ、アキレス腱の石灰化、白内障などが起こり、そのうち糖尿病、動脈硬化、脂質異常症、悪性腫瘍などが発生すれば命にかかわってくる。遺伝子疾患のため、ひとつひとつの症状が起きた時に対処療法を行うしかないそうだ。

そんな早期老化症と診断された中国のXiao Fengさん(仮名=それ以上の情報は明らかにされず)。学校でいじめられることが辛く、勉強がしたくとも学校に通うことができなかった。そんなXiaoさんの話を知り、立ち上がってくれたのが人権活動家のGuo Mingyiさん。Guoさんの呼びかけで、誰からともなく集まった募金は日本円にして約287万円にも達した。

そして昨年12月29日、「Shenyang Sunline Plastic Surgery Hospital」という美容整形外科病院のShi Lingzhi医師が彼女の顔にナイフを入れた。7時間半にもおよんだ手術は目、額、鼻、頬、口元のたるんだ皮膚とシワを除去するばかりか、眉毛の形も整える必要があったという。

その美容整形手術費用は全額にすると800万円にも及んだ。だが病院は手術とそれに伴う各種の治療を無償で提供。善意の人々から集まった287万円については「今後に必要になる治療のために、そして教育をしっかりと受けるために使いなさい」と言い、まったく手を付けなかったそうだ。

Shi Lingzhi博士や父親とともにこのたび記者会見に臨んだXiaoさん。それまで長いこと味わってきた辛い思いについて、「両親と共に小学校に行くと誰もが私のことを生徒の祖母だと思い、街を歩いていてもそれは同じだった」と吐露した。その横で父親は「これから娘は美しい少女と呼ばれることでしょう。安心して高校に通えると思うと心からほっとしました」と語り、嬉しそうな笑顔を浮かべた。

苦難に満ちた人生を強いるこのような難病が世の中にはいくつもある。どんどん原因が解明され、治療方法が見つかり、撲滅の道が見えてくることを願わずにはいられない。



画像:『METRO』Girl, 15, who looked like she was 60 is given a new face(Picture: Shenyang Sunline Plastic Surgery Hospital)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
整形回数200回超の女性! 肋骨を6本抜き、まつ毛増量のため陰毛の移植も
整形した回数は300回超 顔と体に手を加え続けた男性
スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に
メタルの帝王オジー・オズボーンの妻66歳 「美容整形で新しい顔にします」と宣言
元祖『ビバヒル』ケリーことジェニー・ガース46歳 若返り整形を指摘されキレる