<動画>おバカキャラ炸裂! パリス・ヒルトンが料理チャンネルを開設!

この記事をシェアする
あたし、来月で39歳よ!

いったいどんな風に育てられると、こうもめでたいアラフォーになれるのだろうか(おっと失礼、ヒルトン一族のご令嬢であった…)。永遠にイケイケなアラフォー、パリス・ヒルトンもこう見えて来月で39歳になるというから驚きだ。そんなパリスが、この度YouTubeで料理チャンネル『Cooking with Paris』を開設した。



動画を観る前から不安しかないその料理チャンネル。だがパリスをおめでたくも幸せ者というキャラで一躍人気者にさせたのは、ニコール・リッチーと共に出演したリアリティ番組『シンプル・ライフ』である。一般人の期待を裏切らない、二人の飛びぬけたおバカキャラが世界中で大ウケしていたのだ。

当時のパリスを彷彿させる、あまりにも嬉しい今回の料理チャンネル開設。これには「待ってました!」「またパリスのバカキャラが見れるわ」と世間も大いに期待しているようだ。

くにゃっとした「パリス立ち」、そして片手にチワワと言った毎度お馴染みのパリスらしさ。いつものキャラ全開で現れた彼女は「お料理はとっても得意なの! 小さい頃からママが料理しているのをずっと隣で見ている子だったから。今回はラザニアを作るわね!」と何やら自信満々だ。

だが、沸騰していない鍋にラザニアを投入し、半分しか浸かっていない状態でもケロッとしているパリス。その後も、急に面倒になったのかチーズを削りながらため息をついたり、料理そっちのけでツイッターに投稿したりと相変わらずパリスは好き放題だった。

それにしても、惜しげもなく大量のチーズとひき肉を使うパリス、一体何人前なのか? ひき肉を炒めながら「フライパンが小さすぎるわ」とグチをこぼすも、お肉が多すぎるんじゃ…?と思わずツッコミたくなってしまう。

続いてひき肉に塩を振りかけようとするも、塩は大きく的を外れてフライパンの外へ。小学生でもこんなミスはしないのでは…?

さらには料理の途中だというのに、自身がプロデュースした香水のボディミストを全身に振りかけ、「玉ねぎを切る時は目が痛くなるからサングラスをするの」とトレードマークであるオーバーサイズのキラキラ・サングラスを着けるパリス。もはや何をしたいのか謎である。

何はともあれラザニアは一応完成した。「気になるお味は?」と誰もが期待をしたが、そこは自称「賢いパリス」のこと。あえて余計なことに触れようとはしない。出来上がったラザニアと共に、例の「パリス立ち」をキメて動画は終了。そこにはパリスのおバカキャラが大好きというファンからの喜びのコメントが溢れかえっている。

「私に作って欲しい料理があったら、ぜひリクエストしてね!」と笑顔のパリス。気になった方はリクエストしてみてはいかがだろうか。



画像:『instagram』parishilton

動画:『YouTube』Cooking with Paris

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
パリス・ヒルトン&キム・カーダシアンのイタすぎるミュージックビデオが公開
ヤバい予感しかしない!? キム・カーダシアンがパリス・ヒルトンの新曲MVに出演
パリス・ヒルトン「リッチでイケメン、高IQドナーの精子求む」 婚約解消で
婚約破棄のパリス・ヒルトン、複数イベントに出まくりで豪ファン大喜び!
パリス・ヒルトン37歳 ハロウィンで今年もはじける