美人英国人モデルがインスタ映えスポットを訪問 崖から滑落死 <オーストラリア>

この記事をシェアする
(21歳の若さで死去)
(21歳の若さで死去)

美しい写真を撮影し、インスタグラムにアップしたい。そんな人々に大変人気があるオーストラリアのあるスポットを英国人女性(21)が訪問し、命を落とすという事故が起きた。



英国出身の美女でインスタグラムなどでも人気を博し、モデルとして仕事をすることもあったとされる人物が、訪問先のオーストラリアで悲惨な死を遂げた。彼女は前の晩にパーティを楽しみ、翌日午前6時半頃には7名の友人たちと共にシドニーにある崖へ。ここはインスタグラムが好きな人々にはとりわけ人気が高い美しいスポットで、同女性も30メートル近い高さがある場所まで行き、素晴らしい風景を見ようと楽しみにしていた。

ちなみにこの場所にはフェンスも設置されているが、女性らはそれを乗り越えて危険なスポットへ。崖に腰をおろし、仲間たちと日の出を見る予定にしていたのだという。しかし何かの拍子に女性は崖の下に落下。通報を受けた当局が、さっそく大規模な捜索活動を開始した。その結果、捜索開始から4時間が経つ頃に「海中より女性の遺体が回収された」と現地メディアが報じた。

この場所では昨年も27歳の女性が亡くなったが、目撃者らの証言をまとめると、そちらについては写真を撮ろうとしていた際に崖から滑り落ちた可能性が極めて高いという。

今回再び死亡事故が起きたことに現地の人々は大変なショックを受けているが、特に衝撃を受けているのは「お嬢さんが消えた」とする知らせを受け激しく動揺していた両親だったに違いない。しばらくは生存を信じ「娘を見かけた人はどうか連絡してください」とインターネットで必死に呼びかけていたが、「生きていてほしい」という家族の願いがかなうことはなかった。



画像:『Instagram』madalyn_davis_

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
“超危険”と見せかけた写真をインスタグラムに公開のカップル 大炎上で釈明
グウィネス・パルトロウ、スキー中の事故で重傷負わせ放置? 訴訟に発展
車がいきなり大爆発 消臭スプレーを使用後に起きた事故で負傷者も
ダイアナ妃の事故死につき医師が見解明かす 「傷そのものは小さかったが…」
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」