驚異の整形連発で理想の男を目指したタレント 「実はトランスジェンダー」と衝撃告白 <英国>

この記事をシェアする
(「トランスジェンダーです」と告白)
(「トランスジェンダーです」と告白)

顔や体に何度もメスを入れ、「理想の男」になるべくしゃかりきになっていた英国在住のロドリゴ・アルヴェス(36)。手術を受け割れた腹筋まで手に入れ話題になった彼だが、今後は「女の子として生きていきます」と告白した。



鼻が崩壊寸前になるまで整形手術を繰り返し、体のカタチまで手術で変え話題をさらったロドリゴ。しかしその一方で「女として生きたい」という願望を胸に秘め、こっそり女性ホルモンを増やす薬を入手しては服用していたのだという。このほどメディアの取材に応じたロドリゴは、このように語っている。

「そう、自分で薬を得ては好き勝手に服用していたのよ。」
「ちゃんとお医者さんに診てもらうべきだった。なのに勝手に薬を飲んで、そのままの状態で出席したイベントで飲酒しちゃったの。気づけば病院のベッドにいたってわけ、危なかったわ。」
「自分の性に違和感を覚えている人たちには、ちゃんとお医者さんに診てもらってほしいわ。」

これからは「ロディと呼んで」というロドリゴは、女性として生活するようになりすでに3ヶ月が経過するという。今後は胸にシリコンを注入し大きくする予定だといい、男性器についても切除して「心も体も女の子として生きていくつもり」だそうだ。理想の男を目指していたと信じていたファンは大変驚いているが、彼はこうも話している。

「手術を受けまくっていたのは、実は女の子になりたかったからなの。」
「手術を受けて腹筋を割ったり腕をムキムキにしちゃったことを、後悔しているわ。当時、お医者さんに精神面をきちんとチェックしてもらうべきだったわね。」
「でも私は間違いなく(気持ちは)女なの、これは確かよ。これからまだまだ整形手術を受けなくちゃ。胸をもっと大きくして、声も女の子のように変えるの。」

ロドリゴ、いやロディの整形は、いつまで続くのか…。



画像:『Facebook』Rodrigo Alves

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
整形タレント 手術で得た割れた腹筋を除去し尻に注入
整形を繰り返した人間版ケン人形 「鼻がついに崩壊寸前なんです」
スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に
整形繰り返す「人間版ケン人形」 手術で顔面にできた塊を除去もさらに整形へ
整形した回数は300回超 顔と体に手を加え続けた男性