カリブ海・水難救助のヒーロー、なんとレオナルド・ディカプリオだった!

この記事をシェアする
何かを、誰かを救うために生まれてきた運命…!?
何かを、誰かを救うために生まれてきた運命…!?

映画『タイタニック』の主役を演じ、現在は地球に美しい海を取り戻そうと懸命になっているレオナルド・ディカプリオ。やはりこの男は違う。このほど大変な人命救助を成し遂げ、当局から称えられていることを英メディアの『The Sun』が報じている。



自分のボートで海に繰り出すことがとても多いレオナルド・ディカプリオ(45)。このホリデイはモデルのガールフレンドであるカミラ・モローネ(22)、そして友人たちと一緒にカリブのリゾートで過ごしていたそうだ。

そんななかで12月30日、クルーズを楽しんでいたレオは立ち泳ぎしながら海を漂流している若い男性の存在に気付き、すぐに近づいて男性を救助。水分、食べ物、タオルや衣類などを与え、沿岸警備隊に連絡してくれたという。

男性はヴィクターさん(それ以上の情報は明らかにされず)という24歳のフランス人で、ヨットで飲酒していたところ酔って海に落ちてしまったとのこと。救助された時はそこから11時間が経過しており、波も荒く、すでに夕暮れ時だった。

その後、沿岸警備隊のボートに保護されたヴィクターさんは、涙さえ浮かべながら「私は確実に死ぬところでした。レオナルド・ディカプリオさんは命の恩人です」と話した。レオ自身はまったくこの件を明らかにしておらず、ヴィクターさんがそこでもしもレオへの感謝の言葉を口にしていなければ、この一件はおそらく公にはならなかったであろうという。



画像:『Instagram』leonardodicaprio

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「10 year challenge」で判明 痩せ細ったホッキョクグマの姿が切なすぎる!
ハワイ・マウイ島に雪が降り、シアトルの空港では積雪127cm 驚きの異常気象
さすが! レオ様の環境保護団体がアマゾン熱帯雨林保護活動に5億3000万円を寄付!
レオナルド・ディカプリオ、19年ぶりに映画『ザ・ビーチ』を撮影したタイの秘島「ピピ」へ
ジャスティン、エド、アリアナら環境保護を訴える! チャリティー・ソング『EARTH』が熱い