故ジョージ・マイケルの妹 兄と同じくクリスマスの日に他界  <英国>

この記事をシェアする
(3年前のクリスマスに死去したジョージ)
(3年前のクリスマスに死去したジョージ)

2016年12月25日に、53歳にして死去した歌手ジョージ・マイケル。彼の妹が、その3年後にあたる今年のクリスマスに亡くなったと海外メディアが大々的に報じている。



ジョージが自宅で死去し、死後硬直や遺体の変色が始まった状態で発見されてから早くも3年。今度はジョージの妹メラニーさん(55)が、彼の命日に帰らぬ人となった。

メラニーさんの遺体が発見されたのはロンドンの自宅で、発見者は姉だったとのこと。クリスマスの日の晩に発見されたといい「今のところ事件として捜査されているわけではない」というが、具体的な死因についてはまだ不明だという。

ちなみにメラニーさんの姉は、妹の姿を見て驚きすぐに救急車を呼んだがすでに手遅れだったという。弁護士を通し、遺族は以下のような声明を発表している。

「まさに悲劇的なことです。メラニーは突然亡くなってしまいました。」
「今はとてもつらい時期です。どうか遺族のプライバシーを尊重してくださいますよう、お願い申し上げます。」

ジョージとは何についても正直に話し合い、ユーモアのセンスもそっくりだったというメラニーさん。まだ50代半ばで重病だったという報道もなく、このようなことになるとは誰も予期していなかった可能性が高そうだ。



動画:『YouTube』Wham! – Last Christmas (Official Video)

画像:『Instagram』georgemofficial

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
少年が亡き母に書いたクリスマスの手紙 その内容に世界が涙
プロレスでも活躍したアシュリー・マッサーロが死去 39歳
『スター・ウォーズ』シリーズでチューバッカを演じた俳優が死去
闘病の末に5歳で亡くなった男の子 死去前に「ママ、ごめんね」
スポンジ・ボブのクリエーター、57歳で死去 業界に激震