世界一のタラコ唇を目指す22歳女性 「もっと、もっと」とフィラー注入ここまで!

この記事をシェアする
「そうおっしゃられましても…」by ギネスブック
「そうおっしゃられましても…」by ギネスブック

思春期の少女から熟女まで、誰もが憧れてしまう「バービー人形」の美。ボンキュッボンのボディラインも素晴らしいが、なまめかしさが感じられる唇もまた魅力的だ。バービーの外見を手に入れるためなら、いくらでも費用は惜しまないという女性も多い。



ブルガリア・ソフィアの出身で、インスタグラムに26,500人のフォロワーを持つ22歳のアンドレア・イワノワさん。バービー人形のようになりたいと切に願う彼女はその若さで17回ものヒアルロン酸注入を経験し、自身の唇の厚みをなんと4倍にまで膨らませた。

「批判的な意見だってたまにはあるわ。でもどうでもいい。面倒くさい声に関心はないの」とケロッとしている彼女は、英メディア『Mirror』に「年末までにあと1回やってもらうつもりよ」と嬉々として語る。施術も1回あたり日本円にして19,000円ほどするといい、断られっぱなしなのか、すでに街中の美容整形外科医の元を回ったそうだ。

イワノワさんがタラコ唇に目覚めたのは2018年のこと。唇が大きくなるにつれ心がハッピーになり、性格も明るく積極的になったという。「自分のパーツが好きって、やっぱりとても嬉しいことなの」と語るイワノワさん。今の唇には満足しているが、時間の経過とともになぜか「もっとやりたい、もっとやらなくちゃ」と感じてしまうそうだ。

「世界一大きな唇のタイトルを狙う」というイワノワさんだが、こういう“人工物でしかない唇”は『ギネス世界記録』に認定されるのかどうか…(おそらくかなり難しそうだ)。



画像:『Instagram』andrea.andrea345

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
まるで鶏頭の花びら… ちょっと変わった唇が流行の兆し ロシア
強すぎた憧れ」ゆえ唇をここまで膨らませた…!? カイリー・ジェンナー
合成油脂での危険な筋肉増強に依存 「バルーン」と呼ばれるブラジルのムキムキ男 
まるでアイコラ 超マッチョな美女Yeon-woo Jhiさんに“弱い男”たちメロメロ!
韓国マッスル美女に筋肉で勝負? ロシアのマッチョ女性がシュワ級にスゴイ