車がいきなり大爆発 消臭スプレーを使用後に起きた事故で負傷者も <英国>

この記事をシェアする
【いきなり車が炎上(画像はイメージです)】
【いきなり車が炎上(画像はイメージです)】

車内の臭いが気になる。そんな人は多いもの。とりわけ車の中でたばこを吸う人がいると車内には独特の臭いが残り、同乗者によっては「ずいぶん気になる」という。そのようなこともあり、車の臭いを消そうとしたある男性がスプレー式消臭剤を利用。それで一件落着かと思いきや、男性は車内でたばこに火をつけた。



英国ウェスト・ヨークシャーのハリファクスでハンドルを握っていた男性が、臭いもいくぶん軽減された車内でたばこに着火。その瞬間に爆発が起き、あたかも爆弾が爆発したかのような音が響いたという。その衝撃で、車の窓のみならず近くの建物の窓まで吹き飛ばされたとのこと。運転していた男性は両手と顔にやけどを負ってしまったというが、ボロボロになった車の中から這い出してきたところを救助された。

男性はその後に搬送先の病院で治療を受け、落ち着くのをまって自宅に帰されたとのこと。今はゆっくり静養しているというが、このような目にあいながらも死ななかったのは、まさに不幸中の幸いだった。

ちなみにこの爆発事故を目撃した人物は、以下のように語っている。

「ものすごい爆音でしたよ。耳が痛くなるほどでした。まさに爆弾って感じですね。」
「そのあとに車から男が這うようにして出てきたものの、まだ五体満足だったのでびっくりしました。」
「男はその後に搬送されたものの、車はダメ。もうボロボロでしたよ。」

当局によると、男性はスプレーを大量に使用。そのあとにドアを閉めて10分待つことで、車内に良い香りがこもるよう待ったのだという。それから窓をあけた状態で車を走らせたものの寒くなったのか窓を全部閉め、その上でたばこに火をつけた瞬間に大爆発が起きたという。

「もっとひどい結果になってもおかしくはありませんでした。」

そうとも語った当局は、スプレーの使用とその後の火の使用には十分に気を付けてほしいと注意を促している。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アンジェリーナが子連れで寿司屋へ 和食人気が爆発で納豆を食べるセレブも!
息子が企てた凄惨な大量殺人計画 偶然知った母親が「事件を起こす前に逮捕を」と通報
ダイアナ妃の事故死につき医師が見解明かす 「傷そのものは小さかったが…」
エディンバラ公フィリップ王配97歳 車の事故で派手に横転も奇跡的に無傷
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」