69歳男の身勝手さに震撼 少女を襲うも「愛していた」 <米>

この記事をシェアする
(身勝手すぎる最低男)
(身勝手すぎる最低男)

米アーカンソー州で暮らすこの男(69)が、何年ものあいだ少女に手を出していたことが分かった。終身刑を言い渡されたこの男の言い分につき、「あまりにも身勝手」「最低な男だ」という批判が噴出中だ。



この男は、過去にある家族に接触。「俺の家に住ませてやろう」「家賃は払わなくていい」と申し出たうえに、「少女の子守をしてあげる」とも提案したという。

夢のような提案をして善人を装い、その一方で当時わずか4歳だった少女に手を出すようになったこの男。少女は10歳になるまで自分の身に起きていることが「犯罪に該当すること」とは知らずにいたという。大きくなり事の重大さに気づいた少女は「もうやめてほしい」と訴えたというが男は拒絶し虐待は終わらず、耐えかねた少女が学校のカウンセラーに相談。それに驚いた学校関係者が通報した結果この男が逮捕されたのは2018年3月のことで、少女は今13歳になっているという。

この男が裁判所に出廷。そこで「やってはいけないことをしてしまった」としながらも、「だけど強姦には該当しない、だって俺はあの子を愛しているんだから」とも発言。次のように語り、あたかも少女にも非があったかのように話した。

「俺はね、こんなことはやめなくちゃとあの子にもちゃんと伝えてあったんだ。」

そのような言い分が通用するわけもなく、男は終身刑を言い渡された。少女の母はそれでも怒りがおさまらず、「うちの子は一生トラウマに苦しむことになる」と話している。老人が子供に手を出すわけがない - そう思い込み「家賃はいらない」「子守もしてあげよう」という男の言葉を信じ甘えた親の認識の甘さにも、少なからず問題があるといえそうだ。



画像:Pulaski County Sheriff’s Office

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
高校教師が生徒と大喧嘩 殴る蹴るの暴行で逮捕されるも同情の声
「子供たちの安全を守りたい」 熱血警官が未成年に対する不適切な行為で逮捕される
総合格闘家コナー・マクレガーの逮捕騒動 被害者が「暴行を受けた」と提訴
シンディ・クロフォード自慢のモデル息子、飲酒運転で逮捕される
アレック・ボールドウィン、男性を殴った? 逮捕されるも原因が「くだらん」と話題に