1枚の写真で貧困生活から脱出 プチセレブになった「アイス・ボーイ」の今 <中国>

この記事をシェアする
(寒くて髪も凍った少年。)
(寒くて髪も凍った少年。)

中国の中でもとりわけ貧困問題が深刻な地域で暮らし、どんなに寒い日でも4.5キロの道のりを歩き学校に通っていた少年がいる。ある年の1月にも極寒のなか学校に徒歩で行った少年は、頭髪も眉もこの通り。その様子に驚いた教師が写真を撮影、それを機に少年の暮らしぶりは一転したという。



1時間もかけ、寒いなか歩いて学校に通っていたこの少年。その写真が一気に拡散し瞬く間に「アイス・ボーイ」として有名になったことで、かつての貧困生活から抜け出せたと海外メディアが報じている。

ちなみにこの子の母親は、かつて延々と続くように思えた貧乏生活に辟易。「もう我慢できないわ」と言い残してなんとトンズラしてしまったという。また父親は出稼ぎ労働者だったというが、少年の苦境に同情した心優しい人々から寄付金がわんさか舞い込んだことから、地元に戻ることに成功。経済的に楽になったことで都会への旅も楽しめたという少年は、家族と共に、より暮らしやすい家に越す事もできた。そこで落ち着いた父親は以前より報酬が良い仕事に就き、今年に入ると家族を捨てて逃げたはずの母親まで戻ってきたという。

「夫にはガッカリでした、貧乏だったんですもの。」

そうぬけぬけと発言した母親は「夫が嫌だったんです」「子供たちに会いたかったわ」ともコメント。すんなり家族にも許されたもようだ。

これほど恵まれた状態になったものの、少年の父親は今も「貧乏なんです」と主張。経済難を理由に「妻と母が仕事につけるよう斡旋してほしい」と自治体に依頼したというが、自動車を二台も所有していることから「ダメです」と却下されてしまったそうだ。

たった1枚の写真で貧困から抜け出せたアイス・ボーイ。そこで終わっておけば素敵な話ですんだものの、アイス・ボーイの両親は少々厚かましすぎた。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「サンタさん、クリスマスには食べ物をください」 貧困にあえぐ少女に起きた奇跡
1か月の間に3人の子を出産した女性が話題に
悪質YouTuber、歯磨き粉を挟んだクッキーをホームレスに与え「歯にも良い」 最悪と叩かれ罰則も
13歳の少年 貧しいなか必死に頑張る母のために車をゲット
「娘を救いたい!」猛スピードで病院へ向かった父が逮捕 看護師らが保釈金を支払う