歌手ジェイソン・デルーロ、“立派”すぎて受難 SNSの写真を削除され物議 <米>

この記事をシェアする
(この写真の一部を問題視されたジェイソン。)
(この写真の一部を問題視されたジェイソン。)

歌手として高い人気を誇るジェイソン・デルーロ(30)が、下着姿でカメラをじっと見つめる写真をSNSにアップ。それを削除されたことから「これは俺に対するひどい差別ではないか」と激怒している。



このほどジェイソンがアップした写真は、何かが丸出しになっているわけでもない普通の写真だった。にもかかわらず、インスタグラムはある箇所に着眼。1枚目の写真は念のため多少モザイクをかけてあるが、二枚目(以下)の写真を「不適切」「ガイドラインに違反するもの」と判断し、削除したというのである。

しかしこの決断を受け、ジェイソンは激怒。インスタグラムに対する怒りをあらわにし、以下のように書きこんだ。

「どういう意味だよ? ちゃんと下着をはいているというのに。このサイズは俺にはどうしようもない。」

ちなみに写真をよく確認すると、巨大なモノのカタチが浮き上がっており、それだけを理由に「猥褻画像」と判断されたもよう。インスタグラムは米メディアの取材に応じ「興奮した状態の写真だから削除した」とコメントしているが、興奮していたかどうかがこの写真だけをみて判断できるのかと聞かれたら、答えはおそらく「ノー」なのだ。

この写真をジェイソンはその後に再びアップ。パロディ写真に仕上げファンを楽しませたことで、写真とインスタグラムによる削除行為がよけいに大きく報じられる結果になった。

ちなみにインスタグラムには人気リアリティスターらの露骨で露出の多い猥褻画像が多数アップされているが、そちらは野放し。おそらくこういう体に生まれたジェイソンの写真が削除されることにつき「納得しがたい」「体の形で差別されたにほかならない」という声も多い。

(「俺にはどうしようもない。」)
(「俺にはどうしようもない。」)



画像:『Instagram』jasonderulo

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ドナルド・トランプ大統領 写真で強さを誇示するも大炎上
出産後に死亡した妻への愛を胸に 男性が公開した家族写真が話題に
ジャスティン・ビーバーが妻と出会った頃の写真を公開 10年で容姿が激変
女医、SNSで過激写真をアップしまくり医師免許を取り消される 
写真を見て娘の目の異常に気付いた母 腫瘍が10か所見つかり眼球摘出