また出た エリザベス女王死亡説! <英国>

この記事をシェアする
(以前にも死亡説が…。)
(以前にも死亡説が…。)

過去に、「エリザベス女王がお亡くなりになった」というニュースを海外の大手メディアがSNSで配信。大騒動になるも、実際には「万が一の場合、すぐに速報としてニュースを流せるべく準備してあった」「その際にうっかり配信してしまった」とメディアが釈明。その後に外出した女王が「私、生きてますよ」と語り、それもまたニュースになるという珍しい出来事があった。



その女王も、すでに93歳。超高齢とあってかまたしても「亡くなったらしい」という噂が出回っているのだが、その出所についてはネット上のグループチャットではないかという説をこのほど海外メディアが報じた。その内容だが「午前中にも女王の死去が大々的に発表される」というもので、そこから拡散したメッセージには以下のように書かれていたことも分かっている。

「今朝、女王がお亡くなりになりました。死因は心臓発作です。明日の9時半に発表されます。」

これについてはチャットに参加していた人達も疑問視していたというが、「確かに24時間死亡を伏せられた王室メンバーがいたはず」という声もあり、多くの人が「どちらなのか」と首を傾げているうちに噂が一気に拡散したとみられている。またその中には「事実は分からない」「分からないけれど第一報がグループチャットに紛れ込むというのはありえない」という冷静な声もあった。

ちなみに女王だが、先日ロンドン中心部で発生した刃物テロ事件後にも声明を発表したばかり。英国王室の専門家チャーリー・プロクター氏も「生きておられるしお元気です」「間もなく開催される行事についても楽しみにしておられますよ」と語り、死亡説を一蹴。「悪意ある嘘が拡散するのはインターネットの匿名性ゆえでしょう」ともコメントしている。

確かに高齢ではあるが、長生き家系ではあるため「このまま100歳まで行けそうです」と語る医師もいるほどだ。寒い季節には体調を崩すことも確かにある女王だが、「この時点で亡くなっている」とみている専門家はいないようだ。



画像:『Facebook』The Royal Family

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
マコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』絡みの珍セオリーや死亡説につき激白していた
歌手セリーヌ・ディオンが激ヤセ説に反論 「前から痩せてます」
時々ぶっ壊れるオーランド・ブルーム 過去には驚きの珍事も
マコーレー・カルキンが語る故マイケル・ジャクソンと“意地悪な最低オヤジ”