82歳の老婆邸に盗人が侵入 激しい反撃にあい病院に搬送される <アメリカ>

この記事をシェアする
(険しい表情の女性)
(険しい表情の女性)

高齢者を狙う悪質な犯罪が後を絶たない。米ニューヨークで暮らすある女性(82)の自宅にも、見知らぬ若い男が強盗目的で侵入。小柄で体重は50キロもない女性に飛びかかった。



現在82歳のこの女性を狙ったのは29歳の男で、目的は窃盗。女性宅への侵入をたくらんだこの男は午後11時頃にドアを叩き「どうか家に入れてください」「救急車を呼んでほしいのです」などと女性に懇願し“困っている人”になりすましたが、女性は「怪しい」とピンときたことから、ドアを開けることを拒否したという。

それで諦めるかと思いきや、男はドアを突き破り女性宅に無理やり侵入。飛びかかってきた男を制止しようと、女性は咄嗟に近くにあったテーブルを両手でつかみあげ、それで男を殴りつけたという。

この女性だが実はちょっとした有名人で、73歳と高齢になってから始めたボディビルの世界でめきめきと実力を発揮。今では自分の体重の二倍の物でも軽々と持ち上げることができるといい、国際的な試合にもたびたび出場し優勝した経験もあるのだという。

「独り暮らしの老人だから、私がアイツに狙われたんでしょうね。でも私、強いんだから。」
「テーブルをぶち当ててやったら、テーブルが壊れてしまったの。倒れたすきに飛びかかってやったわよ。」
「あの野郎、家を間違えたんじゃないの?」

そう語る女性は、警官隊が到着するまで男を捕えたまま逃がさなかったとのこと。警官らも、若い男を組み伏せ見事に取り押さえた女性の姿を見て愕然。中には女性と記念写真を撮りたがる警官までいたという。ちなみに思いもよらぬ反撃を受けねじ伏せられた男は、その後に病院に送られた。

高齢者が犠牲になる事件も多いが、高齢者が犯罪者を撃退する、または逮捕に貢献するというケースも増えてきた。この女性の行動につき、「無事で何よりだった」「おばあちゃんがギャング風」「すごいおばあちゃんだと思う」「老人の希望の星」など、多くのコメントがインターネットに書きこまれている。

(実はすごいおばあちゃんだった!)
(実はすごいおばあちゃんだった!)



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「逮捕されてみたかった」 104歳老婆の夢が実現
79歳の老婆 自宅侵入者に「おら、かかってこい」と発砲し牽制、逮捕に貢献
老人が少年グループにブチギレ 本気で殴られた9歳児が気絶する惨事に
豪快婆さんがお手柄 パンツ一丁の不審な巨漢をバットで殴り撃退
英国で最高齢の特別警察官74歳、20代容疑者を猛ダッシュで追跡し逮捕