ヴィクトリアズ・シークレット・ショー中止 視聴率も売上げも低迷で過渡期に?

この記事をシェアする
ヴィクトリアズ・シークレット・ショーの中止を発表
ヴィクトリアズ・シークレット・ショーの中止を発表

レオナルド・ディカプリオは恋人を代わる代わるそこから見つけ、アダム・レヴィーン、そしてNFLのスターQBトム・ブレイディはお嫁さんに迎えた、ご存じ「ヴィクトリアズ・シークレット」のモデルたち。だが、彼女たちがランジェリー姿で華麗に舞うはずの次のショーが正式に中止と決まった。



「ヴィクトリアズ・シークレット(以下VS)」は21日、1995年以来、日本円にして10億円、いや20億円をかけ、毎年恒例で行われてきたファッション・ショーが中止となることを発表した。

「VS」の親会社となるL・ブランズ(L BRANDS)社のスチュアート・バーグドアーファー最高財務責任者(CFO)兼エグゼクティブ・バイス・プレジデントは、VSの新たなる位置づけやブランディングについて改善策を模索していると語る。

だが、従来その効果的な方法としてマーケティングに直結していたショーを中止するというのは、ショーの開催ではもう売り上げにはつながらない、VSの人気維持のためには抜本的な改革が必要な時期に来ていると考えるのが自然であろう。

2017年を境に下がっているという売り上げ、そしてショーを世界中に放映しても視聴率が下がってきた。これらは中止の最大の原因だろう。それを支えていたミランダ・カーのような、世界的に愛され、CMなどにも引っ張りだこというドル箱スター的な“エンジェル”が減ってしまったのだ。

そして、巨大な羽根や超高価な宝石ブラを付けたモデルたちが闊歩するランウェイについて、「代わり映えがしない」「少し飽きてきた」という声も出ているとのこと。ショーの内容以前に、VSは過激なダイエットで痩せすぎたモデルたちが出演することや、下着姿を晒させることなど女性の人権に関する批判にもさらされている。来期のショー復活は果たしてあるのか、問題が山積しているだけに心配だ。



画像:『instagram』victoriassecret

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ヴィクシーモデル、ジョセフィン・スクライバー が婚約 超ステキな写真にファンもウットリ
「今はパスタ食べまくり」とケンダル・ジェンナー ヴィクシーモデルら共感
ケンダル・ジェンナー、ヴィクシー・ショーでの歩き方に「どうしちゃった!?」の声
ジゼル・ブンチェンがヴィクシーモデルをやめた理由「“見せすぎ”がイヤだった」
<動画>ヴィクトリアズ・シークレット・ショーでのショーン・メンデスが最高にかっこいい件!