ハリー・スタイルズ、1Dからゼイン・マリクを「居なかった」ことに…!?

この記事をシェアする
女子顔負けの美脚!

11月16日、アメリカの人気バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』にハリー・スタイルズが出演し、ますます色男ぐあいに磨きがかかった姿を見せてくれた。だがその中で、ワン・ダイレクションのメンバーとしてゼイン・マリクの名を挙げなかったことが話題を呼んでいる。



バンド演奏に合わせてノリノリで登場したハリー。「僕の最優先はとにかく音楽! その次に変な髪形、そして家族と友達! いいミュージシャンは喋りもピアノも上手なんだ。」と冗談を交えて会場を盛り上げ、ピアノ演奏を始める。

「みんな聞いたことがあるかも知れないけど、ぼくはもうボーイ・バンドのメンバーじゃないんだ。今はぼく1人のバンドだ。以前はワン・ダイレクションっていうバンドにいた。もし今日ここにそのメンバーが来ていたらどうする?」と思わせぶりな笑みを見せ、会場の観客たちをぐんと期待させるも、「ううん、誰も来てないよ」とハリー。

さらに「でも、やっぱりここに来てたら嬉しいよね?」とニヤニヤしながら舞台裾をチラ見、「サプライズで1Dメンバーが登場するの?」と一瞬誰もが期待してしまったが「いや、来てないよ」と、やはりハリーの意地悪が続いた。そして話題になっているのがここからのトークだ。

「ぼくは今も彼らが大好きなんだ。兄弟みたいな感じさ。ナイル、リアム、ルイ…」と言ってもう1人を必死に思い出す素振りをし、「あぁ、リンゴだ!」とハリーはまさかの元ビートルズのメンバー、リンゴ・スターの名前を口にした。

この件に対しゼインからまだコメントはないが、華やかな世界で活躍し人気を博した彼らの人間関係の闇は、こちらが想像する以上に深かったのかもしれない。ちなみに一瞬ピアノを演奏する手が映ったが、その手が黒人であることからハリーによる演奏でないことがバレてしまい、さらに会場の観客たちを爆笑させた。

さらに磨きがかかったハリーの色男っぷりを観たい方はこちらもどうぞ!



画像:『instagram』harrystyles

動画:
youtube』SNL Monologue with Harry Styles 11/16/2019 | SNL’s Saturday Night Live Nov 16, 2019
youtube』Harry Styles: Lights Up (Live) – SNL

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
1Dハリー・スタイルズ&ルイ・トムリンソン、人気テレビ番組で同性カップルにされる!
METガラ、ハリー・スタイルズの衣装にファン衝撃 パールのイヤリングにマニキュアも
1Dルイ・トムリンソン初アルバムをリリース! 悲しみや苦悩を乗り越えて
<動画>ゼイン・マリク「1D」メンバーらと音信不通状態 「脱退後に色々言われた」
ゼイン・マリク、突然謝罪 「クソみたいな人間ですみません」