おでこからシッポが! 保護された子犬のナーワル君が超ユニーク 米

この記事をシェアする
額からシッポが生えた子犬のナーワル君
額からシッポが生えた子犬のナーワル君

おでこからチョロリと生えている可愛いそれはシッポ。奇形の一種ではあるものの、じつに愛嬌のある姿だとして、一匹の子犬が話題になっている。



米ミズーリ州ケープジラードで犬の保護にあたる「Mac’s Mission」という団体。ここで現在保護されている迷い犬の一匹が、ダックスフントとワイアー・フォックス・テリアのミックスであろう子犬の“ナーワル”だ。生後10週と考えられるナーワルは今、団体のFacebook『Mac the pitbull』で一番人気の存在だという。

お尻からしっかりとしたシッポが生えているというのに、なぜか額からも小さなシッポが生えているナーワル。小さなユニコーンと呼ばれることもあるが、クジラの一種イッカクにより似ているということで、ついたネームはイッカクの英名である “ナーワル(Narwhal)”だった。

軽微な奇形を伴って生まれることがたまにある犬だが、ナーワルの奇形は非常に稀なケースとのこと。団体は獣医の診断を受け、必要があれば切除手術をと考えていた。だが自らの意思でそのシッポを動かすことができない様子からみても、神経が通っていないとみられ、ケープ・スモール・アニマル・クリニックの医師は、それが健康をおびやかす心配はゼロだと説明した。

どの犬にも優しい里親を探すことが団体の変わらない目標だが、あまりにも多くの人からナーワルを引き取りたいという旨の申し出が入り、彼らもただ驚いている。気になるのは、ナーワルが健康上の理由から手術を受ける必要が出てきたときのこと。額からシッポが消えても、頭部に変形が起きても、それでもナーワルの里親になりたいという人が現れるか、そちらもしっかりと様子をみたいとしている。



画像:『Oddity Central』Meet Narwhal, the ‘Unicorn Puppy’ with a Tail Growing from His Forehead(Photo: Mac’s Mission)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
顔がふたつある猫が誕生 両方の口から器用にミルクを飲みすくすく成長 アメリカ
「世界で一番キュートな犬」ブーちゃん 12歳で天国へ
【閲覧注意】人間のような歯を持つ魚が海岸に 発見した母子が仰天 米
【閲覧注意】網膜剥離で眼球がシルバーに 米5歳女児イジメに耐えかね摘出手術へ
【閲覧注意】<米>耳の脇にも唇と歯、2つの口を持つ犬保護される 無事里親も