整形タレント 手術で得た割れた腹筋を除去し尻に注入 英国

この記事をシェアする
(「あの腹筋は私に似合わなかったわ」と語ったロドリゴ)
(「あの腹筋は私に似合わなかったわ」と語ったロドリゴ)

ブラジルで生まれたものの、19歳のときに拠点を英国に移しタレント活動を展開してきたロドリゴ・アルヴェス(36)。彼を有名にしたのは、ずばり美容整形手術。自分の理想の姿を目指した彼は顔のみならず体中にメスを入れ、過去には美容整形でポタッとした腹部をムキムキにし話題になったが、「今の自分に割れた腹筋は似合わないわ」との思いからトルコにひとっとび。信頼する美容整形医のもとに行き、「修正してもらった」という。



ロドリゴによると、担当医は彼の腹部から脂肪を用いて作り出した「割れた腹筋」を除去。「大きなお尻にしたいの」というロドリゴの願いを叶えるべく、今度はそれを4時間もかけて彼の尻に注入したという。

その決断につき、ロドリゴは英メディアにこう語っている。

「あんな腹筋にしても、(ファンにとって)見本になれたワケじゃない。だって、一生懸命運動してお腹の筋肉を割ったんじゃないんだもの。要するに、金を支払ったってだけだわ。」
「それに、割れた腹筋なんて私のボディには似合わない。ちょっとばかり、アホ臭いって感じだったじゃない?」

しかし整形を繰り返していることについては後悔しておらず、「そうよ、私の進化の歴史だもん!」「私はただ世界中の人達に示したかったのよ、不可能な事など無いってことをね」とも語っている。

ますます不自然な容姿になり、今は女子化も進行中のロドリゴ。度重なる美容整形のせいで鼻が崩壊しかけたこともあるというが、自分なりの完璧な姿を目指すロドリゴの挑戦はまだまだ続きそうだ。彼にとっては余計なお世話にほかならないのだろうが、もうそろそろやめた方が良いという声は当然多い。

(女子になりつつあるロドリゴ)
(女子になりつつあるロドリゴ)



画像:『Instagram』rodrigoalvesuk

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
整形を繰り返した人間版ケン人形 「鼻がついに崩壊寸前なんです」
スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に
整形繰り返す「人間版ケン人形」 手術で顔面にできた塊を除去もさらに整形へ
整形回数200回超の女性! 肋骨を6本抜き、まつ毛増量のため陰毛の移植も
美しくなりたかった妻の希望叶わず 美容整形の失敗で下瞼の一部が欠損