5歳で「CAのお姉さん」に初恋 航空大学に進んだ彼は偶然にも…!?

この記事をシェアする
Xuさんは、さらに美しくなっていたFangさんにドキドキ…。
Xuさんは、さらに美しくなっていたFangさんにドキドキ…。

当時は「坊や」と呼ばれる5歳の子供だったXu少年。あれから15年。大人になった彼は今、あるエアラインの客室乗務員を目指し、インターンシップに励んでいる。そんななか…。



「僕は5歳の時に初めて飛行機に乗りました。そこで出会ったFangさんという素敵なスチュワーデスのお姉さんのことを僕はずっと忘れませんでした。一緒に写真を撮ってもらったのです。」

11月3日に『北京青年報』に紹介されたXuさん。どことなく恥ずかしそうな笑顔でそう語る彼については過去と現在の2枚の写真が添えられた。ともに奥には美しい客室乗務員が写っており、Xuさんは「どちらの女性もそのFangさんです」と説明している。

「15年前、浦東から三亜に飛ぶ中国東方航空の旅客機で、僕を『かわいい』と言って優しく頭をなでてくれたFangさん。許可を得て写真を一緒に撮ってもらったのが左の写真で、右の写真は今の僕と彼女です」とXuさんは嬉しそうに語っている。

その日以来、ずっと「自分も空を飛ぶ仕事に就きたい」と考えていたXuさんは中国民航飛行学院の3年生となり、10月からはインターンシップがスタート。そこで中国東方航空の旅客機に乗務したところ、偶然にもFangさんと一緒のフライトになったそうだ。

中国東方航空でのインターンシップを志願した動機について、5歳で乗った飛行機の思い出とともに宝物の写真があることを話していたXuさん。するとリーダーが「その女性に会いたいよね」と言って、現在も仕事を続けているFangさんが乗務するフライトを選んでくれたそうだ。

「Fangさんは僕のことを覚えてくれていました。『ぽっちゃりとしたかわいい顔の子供で、内緒で一緒に写真を撮ったのは、とても感じのよい子で気に入ってしまったからよ』と言ってくれました」とXuさんは話している。

年月の経過を感じさせないどころか、むしろどんどん美しく進化していたFangさんについて、Xuさんは「僕の気持ちはまったく変わっていません」とのこと。どんな気持ちのことをいうのか、一歩踏み込んで尋ねてみたいものだ。



画像:『Asia One』Chinese man reunites with air stewardess he met 15 years ago, but as her colleague

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<元外資系CAその世界を語る>Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私
Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?
Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち
Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの
Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!