「世界最長の歯」は3.72センチ! 抜歯した歯科医の申請で『ギネス世界記録』に

この記事をシェアする
歯茎の下、奥深くまで伸びていた歯
歯茎の下、奥深くまで伸びていた歯

人間の歯の丈は歯茎の下のほうが長く、顎の骨まで奥深く伸びている。そのことはわかっていたが、これほどまでに長く伸びているとは誰が想像しただろうか。



2018年9月7日、驚くほど丈の長い歯を抜いたドイツの歯科医は「ひょっとしたら…」と直感。あらゆるデータを調べた末に『ギネス世界記録』に申請したところ、予想通り「世界で最も丈の長い歯」と認定されたそうだ。

その長さなんと3.72cm。申請者についてはドイツ・マインツの歯科医であるマックス・ルーカスさんの名が示されているが、患者の名は本人の希望により「匿名」となっている。また先月29日に発行された世界記録の認定証は、現在ルーカス医師の歯科クリニックに堂々飾られているそうだ。

大変きれいな歯に見えるため、気になるのは抜歯の原因だ。「激しい痛みを訴えて来たため抜かざるを得なかった」とルーカス医師。重度の歯槽膿漏など歯より歯肉に原因があったのだとすれば、非常にもったいないケースといえそうだ。



画像:『Guinness World Records』Longest human tooth extracted

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
英ジョージ王子6歳に 乳歯が何本か抜けこの笑顔!
保護されていた犬を引き取った女性ビックリ 「歯が70本もあったんです!」 米
乳歯が生える痛みに口内炎の薬はちょっと待った! 赤ちゃん体調急変で救急搬送 NZ
悪質YouTuber、歯磨き粉を挟んだクッキーをホームレスに与え「歯にも良い」 最悪と叩かれ罰則も スペイン
【閲覧注意】人間のような歯を持つ魚が海岸に 発見した母子が仰天 米