これじゃ露出狂 フィリピン・ボラカイ島でキワドすぎると逮捕された女性の水着

この記事をシェアする
連れて歩く男性も恥ずかしくないのか…。
連れて歩く男性も恥ずかしくないのか…。

フィリピンの有名な観光地となっているボラカイ島。美しい海が自慢のこの島に台湾から彼氏と訪れていた女性が、露出度のきわめて高いビキニを身に着けてビーチに現れ、罰金刑をくらったというニュースが世界を沸かせている。「ヒモ・ビキニなんてよくあること。厳しい大人たちの過剰反応」という声もあったが、その水着は実際ハンパなく過激だったようだ。



前から見れば乳首と股間しか隠れておらず、後ろから見ればヒモしか見えない、そんな水着を着たこの女性を待っていたのは罰金刑だった。9日、公然わいせつに相当するとしてフィリピン警察がこの女性を逮捕。彼女は2,500ペソ(約5,300円)の罰金を科せられた。

後ろ姿も「ヒモしか見えない」と通報される。
後ろ姿も「ヒモしか見えない」と通報される。

「台湾ではこれくらいのビキニが普通よ」と女性は抵抗したが、「郷に入っては郷に従ってもらわなければ」とフィリピン警察も譲らなかった。ビーチに向かう直前、ホテルの従業員から「露出度が高すぎて不適切です」と注意を受けていたこともわかっている。

そして、彼氏に集まっているたくさんの同情の声についても触れておきたい。「イイ女を連れてるじゃないか」とうらやましがられるどころか、今の彼は「彼女はただの露出狂。連れていて恥ずかしくないのか」と憐れみすら買ってしまっている。おそらく2人は旅行後に破局し、体を見せたくて仕方がないこの女性はアダルトの道へと進むのではないだろうか。



画像:『蘋果日報』台女遊長灘島穿「一帶一路」比基尼挨罰 男友喊冤「散布者不是我們」

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
太っちょ母が食べ放題レストランから追い出される 理由は「服装がセクシーすぎる」 米
シンガポールの駅をハミ乳でうろうろ 下品な露出狂と批判されたフィリピン人モデルが謝罪
超貧乳でも堂々とが大事 『プリティ・リトル・ライアーズ』ルーシー・ヘイルが大胆写真/a>
さらに過激に…この夏も「アンダーブーブ・ビキニ」が流行の兆し 英
キム・カーダシアン セクシー路線爆走するも「家ではアタシ、保守的なんです」