ずさんな二重瞼整形手術で常に「白目」 目が閉じなくなった女性

この記事をシェアする
やりすぎた二重瞼整形手術で目が閉じなくなった女性
やりすぎた二重瞼整形手術で目が閉じなくなった女性

本人はもちろん、見る側にとっても美容整形で失敗した女性の顔ほど哀しいものはない。直視することも申し訳なくて出来ない、そんな気になってしまうではないか…。



中国・安徽省の合肥市(ごうひし)に暮らす“Li”さんという女性は、美しい大きな瞳を手に入れたくて、ある美容整形クリニックで二重瞼にする手術を受けた。日本円にして約20万円を支払ったという。だが医師が手慣れていなかったのか忙しすぎて施術がずさんだったのか、なんと終了してみたら上下の瞼がふさがらない、つまり目が閉じないことがわかった。

「こんなことになるなら別のクリニックに行くべきだったわ。ドライアイになり視界はぼやけ、結膜がヒリヒリ痛くて仕方がない。」

執刀した医師にこう談判ししたLiさん。医師は彼女に「やり直しをすれば不都合なことは解消できます」と再度の施術を提案したが、Liさんはそれを断固として拒否した。「お宅は下手だし患者の側に立った仕事をしていない」とズバリ言ってやったという。

すると「これは完全に正常。ゆっくりと回復していきますから安心して」と言い出した医師。しかしLiさんは「支払った手術費を全額返金して。それからこの状態を治すために次に必要になる施術代金についても補償して」と強く主張し、彼女が粘り勝ちした。

じつはLiさん、できるだけ大きな瞳を得ようと、切開術による二重瞼の整形手術をあまり間を開けずに2回も受けていた。「連続して行うのは良くない。最初の手術跡が完治するのを待たず2回目を行うようでは、傷跡同士が融合してしまう」と話すなど、医師は最初からこうなることはわかっていたようだ。現在の白目むき出しという状況から1日も早く脱却したいであろうLiさん。だが、それを急ぎすぎてしまえば状況はただただ悪化するであろうという。

パスポートの写真、運転免許証の写真のことを忘れ、美容整形手術により完ぺきな別人に変貌してしまう女性たち。「自然のままが一番だよ」と夫や恋人が言ったところで、聞く耳すら持っていない女性も多いのかもしれない。



画像:『asia one』Botched double eyelid surgery leaves woman unable to shut her eyes

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
整形を繰り返した人間版ケン人形 「鼻がついに崩壊寸前なんです」 英国
スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に 英国
整形した回数は300回超 顔と体に手を加え続けた男性 米
英国最高齢のヒューマン・バービー(48) 150回目の美容整形手術を終えてご満悦
整形回数200回超の女性! 肋骨を6本抜き、まつ毛増量のため陰毛の移植も スウェーデン