ダダーーン!  デミ・ロバートが超セルライトなビキニ姿を披露した理由

この記事をシェアする
画像:『instagram』ddlovato
画像:『instagram』ddlovato

体重なんて気にしない、体型なんて気にしない。私は私、自分の個性と1度限りの人生を大切にする。そう宣言していたデミ・ロヴァート。しかし27歳の彼女が本心からそう思っていると考える人は少なかったのではないだろうか。そんな中、彼女はインスタグラムに…。



このたび、とても長い文章とともに、斜め後ろから撮影されたビキニ姿のショットをインスタグラムにアップしたデミ・ロヴァート。ダダ~~ンと重量感に満ちたヒップ。消されていないセルライト。しかしキム・カーダシアンやニッキー・ミナージュに通じる強烈なセクシー感というものはなぜか漂っていない。

大変長々と記されたキャプションはこんな文章で始まっている。

“私の最大の恐怖がこれ。加工一つしていない自分のビキニ姿の写真よ。そう、セルライト。自分のこんな体をこれまで画像修正できれいにしてもらってきたことが、すごく恥ずかしい。自分が自分じゃないように思えてくるの。これこそが本当の私。他人の目にどう映るのか、それにとらわれるのではなくて自分自身に正直でありたい、いつもそう考えているわ。恥ずかしがらず、恐れず、いつか自分の子供を産む時が来たら自分の身体をとても誇りに感じる…そんな風に考える自分がいるの。私もありのままの自分自身を愛するわ。だから皆さんも自分のことを愛してね。”

以前テレビや映画に出演していた頃は、14時間労働の前に激しいワークアウトのスケジュールを組み、バースデーケーキは「食べちゃいけない。見るのも怖い」と避け、スイカに生クリームをつけてキャンドルを立てて食べたりしていたけれど、今はそんなストレスフルな状態からは解放されているというデミ。それがとても嬉しいそうだ。最後に“スタジオに戻ったら、国歌の仕事が待っているの”と添えており、どうやら仕事のほうも充実している様子だ。



参照および画像引用:『instagram』ddlovato

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デミ・ロヴァート ダイエットを促したファンにキレる
激太りケリー・クラークソン 新年スタートと同時にダイエット開始へ
超NGな仰天セレブダイエット ドMダイエットや点滴ダイエットも
ミランダ・カーのダイエットの極意 「重要なのはカロリー計算じゃない」
太っちょ母が食べ放題レストランから追い出される 理由は「服装がセクシーすぎる」