アンジェリーナ・ジョリー 「私も人と同じ、ここ数年は辛かった」と胸中明かす

この記事をシェアする
(画像:『Facebook』Kung Fu Panda)
(画像:『Facebook』Kung Fu Panda)

2014年には俳優ブラッド・ピット(55)とゴールインするも、ブラッドと長男の親子喧嘩勃発後にいきなり離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリー(44)。家庭的で育児にも協力的だったブラッドと離れ6人の子のシングルマザーになることを決意したアンジェリーナにつき批判の声も多くあがったが、それから今に至るまでの日々は「やはり辛かった」と明かした。



ブラッドを突然の離婚申請で驚かせ、常に強気にも見えたアンジェリーナ。しかしアンジェリーナのがん予防を目的とした両乳房切除などに理解を示し常に寄り添ったのはブラッドで、しかも家庭的な良き父でもあったブラッドとの別離後の生活はやはり大変だったとのこと。2017年には「こんなに辛いことはなかった」「今は家族全員が心を癒そうと努力している段階で、ブラッドと私は今も互いを思いやる気持ちは失っていない」と語っていた。

そのアンジェリーナが再び米メディアの取材に応じ、「私も人と同じだもの」「ここ数年は辛かったし気持ちが弱る事もあったけれど、そういう時こそ頑張ろうって気にもなれるのよね」などと胸中を明かした。

ちなみにそんなアンジェリーナの息子マドックス君が韓国の大学で勉強を始めたが、先日はマドックス君を送り「今日息子と離れなくてはならないの」と言いながら涙を目に浮かべる姿も撮られたばかり。まだ下に多くの子がいるもののアンジェリーナにとって長男の巣立ちはかなり寂しかったようで、誇らしげな笑顔ではあったものの「本当に辛そう」という声も多くあがった。ブラッド、マドックス君を交えての8人の暮らしが終わり、6人暮らしとなった今のアンジェリーナは少し悲しく複雑な心境のようだ。



画像:『Facebook』Kung Fu Panda

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アンジェリーナ・ジョリーの息子 韓国の大学に留学決定か
アンジェリーナ・ジョリー『マレフィセント2』でさらなる凄み ワールドプレミアも楽しみ!
ブラッド・ピット、子どもを甘やかすアンジェリーナ・ジョリーの育児に不安も
アンジェリーナ・ジョリー育児を語る 「反骨心のある人になってほしい」
アンジェリーナ・ジョリー&ブラピ 「親権協議はプライベートな場で決着を」と必死に