マイリー・サイラス 「初体験を経てハンナ・モンタナ役が嫌になった」

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』mileycyrus)
(画像:『Instagram』mileycyrus)

『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』への出演を機に大ブレークし、超人気アイドルとなったマイリー・サイラス(26)。何年も同じ役を演じ人気を不動のものにはしたが、ある事を機に「もうこんな事はやっていられない」という気持ちになったのだという。



2006年から2011年まで「ハンナ・モンタナ」を演じたマイリーが、その役に嫌気がさした経緯をこう明かした。

「18歳になった途端に嫌になっちゃったのよ。バカバカしくなってね。」
「初体験を済ませた瞬間、『あの忌々しいウィッグなんてもうゴメンよ』って気になったの。すごく変だって思ったわ。(初体験を経て)自分は大人なんだって気がしたのよ。」

またマイリーはあるとき某有名テーマパークで人気キャラクターを発見。そのキャラクターがこっそり喫煙する姿を見て、「自分と重なる」と感じたという。

さてそんなマイリーも、アイドルを無理やり卒業後は主に歌手業に精を出すように。しばらくは荒れ「ヤンキー化が激しい」「下品」と散々叩かれたが、豪俳優リアム・ヘムズワースとの婚約・婚約解消・再婚約・結婚を経て、今はずいぶんシッカリしているもようだ。相変わらず過激な発言なども目立つが、かつて一緒に悪さをした仲間からはリアムとの関係修復を機に離れ、想像以上に家庭的な面もあると言われている。



画像:『Instagram』mileycyrus

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マイリー・サイラス スペインでセクハラされる
マイリー・サイラス ファーストキスの相手は「女の子でした」
ドナルド・トランプ大統領につき、マイリー・サイラスが「クソ野郎」発言
ジャスティン夫妻&マイリー夫妻 ここまで違うゴールインまでの経緯と今
マイリー・サイラスの直感・霊感がすごい 大火事・結婚の予想・心霊体験も