スティーヴィー・ワンダー 9月に腎臓移植手術を受けると発表

この記事をシェアする
(画像:『Facebook』Stevie Wonder)
(画像:『Facebook』Stevie Wonder)

数多くのヒット曲で音楽界を沸かせてきた歌手スティーヴィー・ワンダー(69)が、しばらくステージに立つことはないと明かした。



7月6日に英国にて開催したショーで、歌手スティーヴィー・ワンダーが今後はしばらくのあいだステージには立たないと公表。その理由を、このように説明した。

「これからの予定はこう。俺は手術を受けるんだ。」
「今年の9月に、俺は腎臓の移植手術を受けるんだよ。」
「俺なら大丈夫だ。ホント、大丈夫だから。」
「もうドナーも決まっているしね。だから大丈夫。みんなには知っていてほしい。俺はみんなに愛情を与えたくてここに来た。そしてみんなの愛情に感謝するためにね。」

ちなみに一部メディアの報道によると、スティーヴィーの状態は深刻なものではあるものの、体調の管理はきちんと管理できる程度とのこと。しかし移動には医療チームも同伴させているという話もあり、多くのファンが心配している。

「噂なんて聞かないでほしい。事情は、今みんなに伝えたとおりだから。」

「俺は大丈夫」というスティーヴィーの言葉を信じ、1日も早い回復を願いたい。



画像:『Facebook』Stevie Wonder

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
腎臓移植手術を受けたセレーナ・ゴメス 実はかなり危険な状態だった
女優サラ・ハイランド、父の腎臓を移植も機能低下 摘出後に「弟の腎臓を移植した」と告白
ティナ・ターナー、腎移植前に自死を検討 「手を貸してくれる団体のメンバーにも…」
「我が子を救ってくださりありがとう」 母親がボランティア消防士に腎臓を提供し恩返し
娘の腎臓提供を受けた母 「これ以上の母の日の贈り物はありません」と感謝