「リトル・ミックス」ペリー・ エドワーズ 嗅覚障害ゆえにメンバーをオナラで苦しめたことも

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』perrieedwards)
(画像:『Instagram』perrieedwards)

嗅覚障害ゆえに何の匂いも分からないと告白済みの「リトル・ミックス」ペリー・エドワーズ(25)が、「障がいゆえに、メンバーに助けてもらうことがある」と明かした。



一度だけコーヒーの匂いを感じたことがある気がするとはいうものの、基本的には何の香りも分からないというペリー。人からはよく「まあ、大変ね」と気の毒がられるというが、ぺリー曰く「そんな事はないの」。「元々あった嗅覚がなくなったならショックかもしれないけれど、私には香りを感じた経験そのものがないのよ」とも過去に語っていた。それゆえに以前は香水も評判の良いものを1種類だけ決めて購入・使用していたというが、今ではグループのメンバーにお願いして選んでもらうこともあるという。

「そうなの。この前も友達と休暇中に『すごく良い香りね』『でもちょっと待って。あなたには香りが分からないのに、どうやって香水を選ぶの?』って言われちゃった。実は(メンバーの)リー・アンが選んでくれるの。ジェシーも何度か選んでくれたわ。」

誰かが食事の前に「ああ、なんて良い匂い!」などと言うのを聞くと「すごいな、どんな感じかしら」と不思議に思ってしまうというペリー。それでも特に不便に感じたことはないというが、自分の香りが分からないというのは、若い女性にとってはずいぶん不安なことだそうだ。特に自分のオナラについてもどれほど臭いか分からないため周囲を困惑させてしまうらしく、「ペリーには何度かすごいオナラで苦しめられた」とメンバーに暴露されたこともある。



画像:『Instagram』perrieedwards

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「リトル・ミックス」ペリー・エドワーズが抱える、酷い不安症状と先天性嗅覚障害
ペリー・エドワーズのスッピン 無数のソバカスにファン仰天も「可愛い!」の声
ゼイン・マリクに批判集中 「イスラム教はもう信じていない」発言で
リアム・ペインがワン・ダイレクション活動再開に言及 「いずれはそうできればと…」
ゼイン・マリク、突然謝罪 「クソみたいな人間ですみません」