1Dハリー・スタイルズ&ルイ・トムリンソン、人気テレビ番組で同性カップルにされる!

この記事をシェアする
ぶっちゃけお似合いですけど…

先日、アメリカのティーン向け人気青春ドラマ『Euphoria』において、若い男性2人のセクシャルな行為を連想させるシーンが放映された。それが「ワン・ダイレクション」のメンバー、ハリー・スタイルズとルイ・トムリンソンにそっくりだったことから物議を醸している。



そのTVドラマはこういう流れだ。作家の女の子キャットが、“ラリー・スタイリンソン”という名前もビミョーな同性愛者のキャラクターが登場するアニメを制作する。その中でルイ・トムリンソンにそっくりなミュージシャンの男の子が、自身のコンサートの直前に緊張から汗だくになり、呼吸も乱れがちになってしまう。そこにハリー・スタイルズに激似の男の子が現れ、ルイ似の男の子に“ご奉仕”してあげるといったキワドイ内容だ。

さすがは「何事にも寛大な国」アメリカである。ハリーとルイがディスられること以上に、こんなシーンがティーン向け青春ドラマで流れることにも驚きだ。このシーンを観たファンたちは、さっそくドラマの放送局HBOに「あの2人から承認を得ているのか」と尋ね、ソーシャルメディアではこの話題が炎上。ハリーからは何のコメントも発信されていないが、ルイは騒動を受けて「HBOからは連絡を貰っていないし、許可もしていないよ」とツイートしている。

この騒動の前、キャット役を演じているバービー・フェレイラはインタビューで「人は誰も面倒で嫌な現実からは目を背けるものよ。だから最初に台本を読んだ時、驚いたわ。大人、子供、ティーンエージャーたちの日常を、これほどまでリアルに描いてしまうのかって」などと語っていた。

たとえばアメリカのティーンの生活はドラッグやセックスにまみれ、暴力、アイデンティティ、ソーシャルメディア、いじめや友情について苦しんでいる者も多い。彼女が言う通り、このドラマは現代の子供たちの日々の悩みや問題をテーマとしており、ダークでセンシティブな内容になっている。

そこにワンダイレクションのメンバーが引っ張り込まれ、妙なネタにされてディスられてしまうのも、すべては彼らのいまだ続く高い人気ゆえだろう。色男同士のハリーとルイのカップル姿はさぞかし美しいはず。ちょっと見てみたい気もするが、皆さんはいかがだろうか?



参照:『E! NEWS』Louis Tomlinson Breaks Silence Over Sexually Explicit Harry Styles Scene on HBO’s Euphoria

画像:『Instagram』onedirection

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
METガラ、ハリー・スタイルズの衣装にファン衝撃 パールのイヤリングにマニキュアも
「1D」ルイ・トムリンソンにさらなる悲劇! 仲良しの妹が18歳で急逝
<動画>「1D」で人気博したルイ・トムリンソンの新曲にファンも涙 亡き母を思う歌詞が切ない
「1D」ルイ・トムリンソンの息子が満3歳に ママも超美人で納得の可愛いらしさ! 
<動画>ゼイン・マリク「1D」メンバーらと音信不通状態 「脱退後に色々言われた」