デミ・ロヴァートのビキニ写真 お尻が覆いかぶさったようなバストにファンも「えっ?」

この記事をシェアする
画像:『Instagram』ddlovato
画像:『Instagram』ddlovato

薬物過剰摂取で命を落としかけたあの事件以来、どうにも沈んだまま浮かび上がれない印象があるデミ・ロヴァート。ソーシャルメディアでの大胆なショットで、ファンの視線を集めることに必死な感じもするのだ。だがこの1枚はいかがであろうか。



6月27日、新しく左手薬指の手のひら側に小さなタトゥーを彫ったことをInstagramで報告したデミ・ロヴァート。それは「me」。いつも自分を最優先に考え、自分自身を大切にしていきたいという今の彼女の心境をよく表しているようだ。

ニューアルバムについても、もう少しで詳しい発表があるとみられているデミ。今はとにかくファンの注目を引き付けておきたい時期であろう。アメリカの多くの歌姫がそうであるように、彼女もその手段を「セクシー路線で」とわきまえているのか、Instagramには露出度の高い写真が増えている。

もっともデミはあのトラブル以降やや体重が増えている感じもする。この写真には「腕が太ももに見える」という声や、「超ミニスカートから尻を出した、大きなカエルに乗っかられているかのようだ」「何かが奇妙」といった意見もある。この写真は成功なのか失敗なのか…。

ただしデミの歌は素晴らしい。26歳はまだ迷いと紆余曲折の年齢であろうが、実力が確かなだけに、歌姫としての彼女の真の魅力はこのようなビキニ・ショットではない。アーティストとして、何としてもビジネス面での復帰を願いたいものだ。



画像:『Instagram』ddlovato

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デミ・ロヴァート、「タブロイドが憎い」とズラリとツイート
デミ・ロヴァート、セレーナ・ゴメスのSNSフォローを解除
デミ・ロヴァート 昨年の薬物過剰摂取を経て「命があって当然とは二度と思わない」
デミ・ロヴァート、薬物過剰摂取を経てリハビリ施設へ シカゴで治療も
デミ・ロヴァートの妹が心境を吐露「お姉ちゃんが死ななくて良かった」