妊婦ミランダ・カー 「お腹に赤ちゃんがいるあいだ、吐き気との闘いはエンドレス」

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』mirandakerr)
(画像:『Instagram』mirandakerr)

俳優オーランド・ブルームと結婚し長男をもうけたものの離婚し、2017年にはSnapchatのCEOエヴァン・シュピーゲルと結婚して翌年第二子を出産したミランダ・カー。現在は36歳にして第三子を妊娠しているが、今回もつわりの辛い時期が続いていたという。



このほどミランダ・カーが酷いつわりで苦しんでいたことを明かし、このように語った。

「かなり辛かったわ。少しのあいだ、寝込んでいたのよ。」
「それに首の神経をいためてしまって…。(妊娠中の症状は)人それぞれなんでしょうね。でもどういうわけか、私はこれまで3回妊娠して毎回酷いつわりに苦しんでしまって…。それに妊娠していない時に比べると、ちょっぴり繊細になっちゃうの。」

それでも妊娠をとても喜んでいるというミランダは、どのように吐き気に耐えているのか。

「常に何かを食べているの。」
「それに、しょうが茶を飲むと楽になるわ。新鮮なしょうがに熱いお湯を注いで、ほんのちょっぴり甘みを添えてレモンを加えるの。」

昨年生まれたばかりの赤ちゃんもいるミランダにとって、つわりのきつい妊娠期は大変そうだ。それでも体をしっかりケアしながら育児もこなしているミランダは、なかなか立派なお母さんだ。



画像:『Instagram』mirandakerr

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ミランダ・カー、昨年春の出産に続き3人目の子を妊娠か
投獄されて17か月の容疑者が妊娠8か月 「身に覚えがない」  米
英メーガン妃出産 「妊娠は嘘」「代理母が出産した」という人々の言い分
<ブラジル>ハレンチ双子に天罰 女性が妊娠し双方とも養育費支払いへ
<バングラデシュ>1か月の間に3人の子を出産した女性が話題に