<動画>ジャネット・ジャクソン 亡き兄マイケルの音楽につき「世界に影響を与えた」

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』michaeljackson)
(画像:『Instagram』michaeljackson)

このほど歌手ジャネット・ジャクソン(53)が亡き兄マイケル・ジャクソン(享年50)に言及し、「兄の音楽はこれからも人々に愛され続けるわ」「とても感謝しています」と語った。



今年は「マイケルが少年達に性的虐待を繰り返していたのではないか」という疑惑が再燃し大騒動となったものの、マイケルの人気はすたれるどころかアルバムの売り上げが再び激増。皮肉な形ではあるが若い音楽ファンもマイケルの音楽性の高さを再認識し、ミュージシャンとしての人気が急降下することはなかったと言われている。

そんな中、このほど妹ジャネットは兄の音楽につきコメント。以下のように語っている。

「これからも、兄の音楽はこれまでと変わる事なく聴かれることでしょう。」
「子ども達が兄の真似をして踊る姿を見ると、とても嬉しくなるの。それに大人は今だってマイケルの歌を聴いているわ。そういう姿を見ると思い知るの。私の家族(マイケル)がどんなに世界に影響を与えてきたのかをね。」
「横柄に聞こえなきゃいいけれど。でもこれは事実だわ。」
「神のお恵みね。(兄の音楽が今も愛されていることに)感謝しているの。」

ちなみにマイケルに関する疑惑につき騒ぎ立てなかったジャネットだが、それは「自分が何かを言っても騒ぎが大きくなるだけ」というジャネットなりの思いがあったからだと言われている。性的虐待疑惑についてはマイケルが亡き今どうすることもできないが、マイケルが音楽業界に革新をもたらした偉大なミュージシャンであったことは間違いない。



動画:『YouTube』Michael Jackson – Bad (Shortened Version)

画像:『Instagram』michaeljackson

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マドンナ、性的虐待疑惑の故マイケル・ジャクソンを擁護 「まるで集団リンチ」
マイケル・ジャクソンと親しかった元子役 性的虐待疑惑につき胸中明かす
マイケル・ジャクソンのアルバムが再び大ヒット 性的虐待ドキュメンタリーの影響大
マコーレー・カルキンが語る故マイケル・ジャクソンと“意地悪な最低オヤジ”
「マイケル・ジャクソンの囁きが常に聞こえる」親しかった人物が告白 姉も“存在”を確信